中小企業の経営戦略はマーケティング活動にかかっている

企業の割合は9割以上が中小企業といわれています。大手企業は1割にも満たないようです。日本にあるほとんどの会社が中小企業だということになります。中小企業の経営は厳しいのが現状でしょう。その一つに経営戦略が上手く機能していない点があげられます。今回は中小企業の経営戦略をテーマに見ていきましょう。

■マーケティング活動をより活発に

会社の商品やサービスに直結するマーケティング活動は経営の土台になり、大切な経営戦略といっても過言ではありません。

マーケティング活動の成功が会社への利益、成長と捉えましょう。

マーケティング活動とは、自社の商品やサービスをいかに効率的に売れる環境を作ること、が目的となります。このマーケティングの戦略次第で会社が成長するか、衰退するかが決まってしまうほど影響があります。

■中小企業が生き残るためのマーケティング戦略とは

マーケティングは言わば競争市場での争いになります。その上で重要なマーケティングの戦略や指標をたてましょう。

◎ライバル企業を意識したマーケティング戦略
マーケティング活動を成功させるにはライバル企業より自社の商品やサービスを顧客から求めてもらう必要があります。

心得①:ライバル企業を知り競争から抜け出すため顧客がどこを見て何を求めるか知る。
心得②:顧客に対してライバル企業との差別化をしてもらい、さらに戦略を練る。
心得③:経営資金をマーケティング活動に集中させライバル企業を追い越す。

■マーケティング戦略の例

例えばですが、無農薬野菜の販売会社などは徹底した差別化ですよね? 顧客ターゲット層を無農薬野菜しか買わない主婦にターゲットを絞り込み、他の野菜は無農薬じゃないから買わないと差別化できている状態です。この差別化がマーケティング成功の秘訣になります。

例にあげた無農薬野菜の販売実例をマーケティングの心得で、分解して見ると以下のような感じになります。

◎顧客がどこを見て何を求めるか?無農薬野菜で絞り込みを顧客へ選択させる=心得① 
◎差別化は求めているもの商品をライバル企業と比べてもらうこと=心得②

です。ただ同じ商品やサービスを求めると顧客は安さで最終的な判断をする場合が多いです。

このためライバル企業よりコストかけずにより安く便利な商品を提供する。この3点がマーケティング戦略として機能すれば会社は利益を生み成功となりますが、ライバル企業もまたコストを下げにきて勝負を挑んできます。

心得③は無農薬野菜の販売実例で一番難しいところなのですが、マーケティング活動でライバル企業を追い越すとは顧客を奪い取る、新規顧客を勝ち取ることになります。もしも活動が上手く機能すれば競争市場を独占できる可能性も見えてきます。

■中小企業が生き残るためのマーケティング経営の秘訣

ライバルを知ること、ライバルを徹底的に分解して研究してみましょう。その後はライバル企業に勝てる分野を見抜き、勝負としてマーケティング活動を積極的に行うことが中小企業の経営を支える上で欠かせない経営方法の一つとなります。

会社経営の事や経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る