イノベーション経営で重要なこと

経営をする上で、イノベーションという言葉を頻繁に聞く機会があるのではないだろうか。イノベーション=「技術革新」という意味合いで良く使われているのだが、最も重要なことを知らないままの人もいるはずだ。今回は、経営のイノベーションで重要なことを解説していく。

■イノベーションの意味と重要性

冒頭での通り、イノベーションをシンプルにいえば今までの考え方とは違う「新たな価値を生み社会を変化させる」ことだ。それまで使用していたモノやことを全く新しい技術(考え方)を取り入れることによって、変革・創造していくのだ。

もう少し分かりやすくいえば「今までなかったモノ」を生みだすことだ。例えば、携帯でいえばガラケーからスマホに変化したことも「今までなかったモノ」を創造し、社会を変化させたといえる。

さらにフェイスブック(SNS) も世界中誰とでも知り合いになれるという可能性を提供し「今までなかったモノ」を作り上げた。小さな世界でしか共有できなかった人間関係が、フェイスブックの登場によって知らない人同士が間接的につなぐことを可能にした。

身近なところでいえば、クレジットデビットカードも上げられる。クレジットとは違いモノを買うときに口座からすぐに引き落とされるシステムとなっている。今まであるようでなかったモノを作り「社会を良く変化させる」ことに意味があり重要だ。

■イノベーション経営に求められるモノの重要性

このように、イノベーションとは技術だけではなく、ビジネス全体に関わる考え方であり、顧客価値を高めることに本質がある。(顧客価値とは、企業が顧客に対して提供する製品価値やサービス価値、人材価値、イメージ価値のことをいう。)

顧客価値を高めるとは例えば、

・新たな顧客価値の創造
・固定観念の枠から抜け出す

ことであり、イノベーション経営に求められることだ。これらを可能にするには、顧客価値に対して強烈な創造力(強烈な思い)があることが重要だ。

■イノベーションが重要な経営学上の理由

イノベーションは経営学においてとても重要なことである。イノベーションという革命をおこせば市場を独占し競争が少なくなり「利益を上げる為のポイント」となるからだ。これが一時的なモノであっても多くの利益を得ることになる。

もし中小企業であれば、イノベーションで成功すれば大企業に逆転できるチャンスもある。

経営においてイノベーションは重要なことであり「いかに競争をしないか」という視点があることが必要だ。与えられ機会をどのように活かすか、創造のタイミングを逃さないことが重要である。

会社経営のことや経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る