経営と統計学の密接な関係性について

統計学は、数字に基づいたデータによって、様々な事柄を導き出すツールとして、いろいろな分野で見直されています。数字やデータによる本質を見抜いて、ビジネスである「経営」にどんな関係性があるのか紹介しましょう。

統計学とは、本質を見抜く事

数字による大量のデータから、何を見るのかが重要です。全ての事柄は、数字による記録によって、データ化されるのが今の時代の常です。統計学を学んだ者にとってデータは、事柄の本質を見抜くカギとなり、思考による導きを求めるツール(道具や手段)なのです。

つまり、データ分析は推測する為の体系化のカギといえるでしょう。ビジネスに例えると、経営の為の「経営分析の手法」です。多くの経営者は、実際に統計学を知らないとしても、統計学を実践しているに違いありません。

業績予測や予算管理と市場動向予測

会社の業績を実績や財務状況から、数字によって業績の推移や予測を推し量る事や、データから市場調査の動向を理解して、「必要な物」や「不要な物」を判断する材料にしています。

経営と統計学の関係

データを見ることによって、その性質を考え、データの一部の性質を考える事で、残りの莫大なデータから性質を予測するなどを方法論として体系化した学問が統計学です。データとは「何らかの目的を持った数字の集まり」であることを理解して、その数字の動きによって、「目的」の動向を考える必要があります。

データに集計や平均値などで、手を加えた数値から別の予測を導き出す事や、推測をする思考手段のために十分な役目をになっているのです。つまり、データの意味や性質を理解する事でデータを活用する事ができるのです。

例えば、会社の決算書を見るだけでは、何も変化は起こりません。しかし、数字を会社の為になる情報へ変換する事で初めて意味を持ち、有益な情報や思考として会社に役立てるのです。これこそが、経営と統計学の関係性なのです。

データの中に存在する「不確実性」は、売り上げや経費や利益においてだけではありません。「部門別」や「商品別」など、細分化による「データの蓄積」によって、あらゆる視点から分析を判断する事ができ、ひいては予測する判断材料にもなりうるのです。

2種類の統計体系がある

「記述統計」とは

集めたデータで表を作成し、グラフで見る事が可能になります。平均値や推移の傾向が、可視化する事による手法です。

「推測統計」とは

基となる親データからサンプルを抜き取る事で、サンプルの特性を推し量ることで親データの特性をも推測し、その推測の正当性を確認する手法です。

中小企業では活用率20%

中小企業においては、いまだに80%が統計学を活用していません。これでは、いきあたりばったりの勘に頼っている経営と言われても仕方ないかもしれません。なぜなら、解決できない経営の課題に対して向き合うために統計学は有効だからです。

まとめ

経営と統計学の密接な関係性について理解する事は、会社にとって重要な事です。それによって、多角的な方向からデータを分析する事は、問題の解決の手がかりになるかもしれないからです。

会社経営のことや経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る