成功している経営者に共通する早起きとは

早起きは三文の徳といわれていますが、経営者の中では三億の徳とまでいわれています。一見不規則な生活習慣になりがちな経営者ですが、成功を収めている経営者に共通する点は早起きすることにあります。今回は、早起きにテーマにどのような徳があるか見ていきましょう。

アップル「スティーブ・ジョブズ」

「スティーブ・ジョブズ」に関しては分からない人はもういないと思います。彼はどんなに忙しくても、毎朝6時には起きたそうです。その理由はなぜでしょうか。

朝6時に起きて子供たちが起きてから、一緒に朝食をとり、宿題を見届けて学校へ行かせるのが日課となっており、その後の出社までの間に家で2時間ほど仕事をしてから出社していたそうです。会社についてからは、別のことに時間を使っていると公言しています。

また、毎朝必ず鏡を見て「今日が人生最後の日だとしよう。自分が今日やろうとしていることは、果して自分のしたいことだろうか?」と自答したようです。その質問に対して、もしも答えが「NO」の日が続けば、何かを変える必要があると悟り、計画を見直すようにしていたそうです。

スターバックスCEO「ハワード・シュルツ」

スターバックスも世界で大成功を収めている大企業です。「ハワード・シュルツ」も早起きを習慣としています。

朝4:30に起きて、3匹の犬の散歩。5:30には最愛の妻に珈琲をいれます。この時の珈琲の入れ方もこだわりがあり、毎日の珈琲作りがスターバックスが成功した秘訣だといっても過言ではないでしょう。

彼が早起きする理由は他にもあります。
「朝のちょっとした投資は、その日の全てに影響を与える」と答え、毎朝その日1日の目標を明確な言葉で設定するそうです。

なぜ早起きをするのか?

多くの成功している経営者は早起きをする習慣を大切にしています。その理由はどういったものか考えてみました。

・仕事への栄養 (戦略やキャリア、仕事に対する集中力)
・人間関係への栄養 (家族や友人と過ごす時間を大切に使う)
・自分自身への栄養 (運動や自問自答、新しくクリエイティブな発想)

上記の三点が早起きをするメリットと考え、経営者として成功する秘訣だと思います。早起きして、朝の時間をどのように利用するか経営者の皆さんは考えてみましょう。

まとめ

成功を収めている経営者は早起きを習慣としている人が多く、朝の時間を上手く有効活用して経営に活かすことで成功を収めています。早起きをし、自分や家族、仕事に対して考える時間を大切にすることで結果的にいい方向へ導かれるようです。経営者の皆さん、日々の業務は忙しく不規則とは思いますが、早起きする習慣を実践してはいかかでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る