できる経営者はジム通いで肉体も磨く

フィットネス大国アメリカにおいて、エリートビジネスマン達は胸板が厚く、腕も太くスーツが似合う引き締まった体系をしています。エリートであればあるほど、ボディメンテナンスに力を入れており、通勤前か夜にジム通いをして鍛えているのです。それは、日本の経営者にもいえることで、なぜそれほどまでにボディメンテナンスに取り組むのか。その謎を紐解いていきましょう。

ジム通いとメンタルの関係

ジム通いの主な効果は筋力アップやダイエットと思われがちですが、実は筋トレを続けることはメンタルを強化することにもつながります。筋トレを続けることでどのようなことが実感できるかというと、自己肯定感が高まり前向きになる。ということです。

市場やビジネス環境が目まぐるしく変化している中、経営者は常にタフさを求められます。それは、体力はもちろん、メンタルにおいては、社員の先頭を立つものが折れてしまっては経営が成り立たなくなってしまいます。

ジムに通いハードなトレーニングをおこなう最中には「無」になることができ、1日をリセットし、新たな自分と向き合うことができるのです。そうすることで、ボディメンテナンスをしながらメンタルもメンテナンスしているのです。

ジムに通うことで周りの目が変わってくる

経営者は一般の社員よりたくさんの人と出会うので、第一印象の良さが重要です。だらしない体型をしていることで「自己管理のできない人」と判断され、取引相手に不安を与えてしまうことも考えられ、経済的損失も否めません。

また、鍛え上げられた肉体は、社員からも一目置かれるようになります。イメージしてみましょう。だらしない体型の上司に言葉をかけられるよりも、スタイリッシュな上司から一言声をかけられるのとでは、どちらが社員のウケが良いか。社員はそのような経営者を理想とするのです。

経営者はどのようなジムに通っているのか

経営者や医者、芸能人がボディメンテナンスをするために通うジムの多くは、パーソナルジムです。パーソナルジムではその人の立場になって、個人の体質・性格までを考えてマンツーマンでトレーニングをしてくれます。

一般的なスポーツジムは、数人のトレーナーに対して大人数がトレーニングをおこなうという内容ですが、パーソナルジムの場合は基本的にトレーナー1人対して、トレーニングも1人という内容になっています。

さらに、一般的なジムでは食事指導まではおこなっていませんが、パーソナルジムではトレーナーによる食事指導もプログラムのひとつとされていることから、短期間で飛躍的に筋力アップなどがおこなえるのです。

トレーニングは人の骨格や筋肉量、姿勢や生活習慣によって大きくわかれます。周りの人がやっているから、自分も同じトレーニングをする。ということでは間違ったトレーニングをしてしまうこともあることから、パーソナルトレーナーが重要になってくるのです。

まとめ

経営者として成功し、クラブで豪遊する、高級車に乗る、クルーザーを買うなど贅を尽くしてきた方が最終的に落ち着くところは、自らの身体をメイキングすることなのです。ジム通いは、出勤前、もしくは仕事終わりと人それぞれですが、自分と向き合う時間が必要なのは皆さん知っているからなのでしょう。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る