ゴルフが上達するための筋トレ方法

どうせなら上達したい!でもどこを鍛えれば良い?

接待や付き合いで成人してからゴルフを始めたという人は多くいると思います。せっかく始めたなら上達したいと思っても、単にボールを打つばかりの練習方法だけ行っていても上達への近道にはならないかもしれません。

 

通常の練習に筋トレを加えることで、体全体のバランスが良くなりますし、スイングが安定します。ただし筋トレばかりでは飽きてしまうので、ボールを打つ練習と交互に行うことで集中してトレーニングに励むことができるでしょう。

 

 

まずは簡単なストレッチを

いきなり筋トレを始めると急激に体に無理な負担をかけることになるので、筋を痛めたり腰痛が悪化するといったことになりかねません。体をねじるという動きが大切なスポーツなので、しっかりと準備運動をする意味でもストレッチから入るようにしましょう。手首、足首、首、腰を回し屈伸をしてゆっくりと筋や筋肉を伸ばしていきましょう。

 

 

軽い素振りで筋肉の動きを確認

素振りをした際に左に体の動きが流れたり上下していませんか?ひねりが足らず腕で振っていれば軸を意識するようにハーフからフルスイングで素振りをしてみましょう。どの部分の筋力が足らないのか確認する意味でも行ってみると良いです。

 

 

上半身の筋力を向上させるトレーニングを

軸を固定して体が流れない状態でスイングするためには、上半身の筋肉を鍛える必要があります。ゴルフの基礎体力は下半身を強化することに尽きるといわれがちですが、実は上半身もとっても大切です。

 

腹筋を鍛えるために腹筋運動などを行うと良いでしょう。背筋を鍛えるためには、うつ伏せの状態で手を頭の後ろで組み、後ろに反らす運動おを行います。左右へねじりながら行うとより効果的です。

 

 

大切な下半身の筋力強化

ゴルフの上達には下半身の筋肉強化は欠かせません。美しく正しいスイングを行うために、スクワットなどを取り入れて強化しましょう。

最初は足幅を広めに、次に少し狭めで行うなど工夫しながらどの筋肉を鍛えたいか意識しながら行います。また、下半身の強化は歩くことでも可能です。コースを回る時には歩かなくてはなりませんので足腰は普段から鍛えておく必要があります。最初から長時間歩くのもつらいので少しずつ距離を長くしていきましょう。

 

 

ゴルフが上達するために

ゴルフはまず体に柔軟性があるのか、そしてしっかりとした土台になっているかを必要とするスポーツです。正しいスイングのためには筋力を鍛えることも必要ですし、日々の積み重ねがいずれ大きな成果に繋がります。ただし無理をすることなく、続けられる内容を組み込むようにしましょう。そして距離が飛ぶようになればホールインワンも夢ではないかもしれません。幸か不幸か、ホールインワンを達成した際にはお祝いをプレーヤー本人が振舞わなくてはいけないということも忘れずに、対応できる保険などに加入しておくようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る