経営者必見!事業承継の手続きは早めに準備をしておこう

経営者は、子供や配偶者などに事業を承継しようと考えた場合、税金や株式の移転など様々な問題があります。現経営者が健康なうちに早めに対策を取っておくことで、事業承継をスムーズに行うことができます。事業承継と、その手続きについて詳しくみてみましょう。

【事業承継とは】
事業承継とは、会社で営まれている事業や経営を別の人や会社に引き継がせ、事業の継続を図る手続きを言います。
特に、近年は後継者不足に悩み企業の経営、事業の後継者が不在のため、毎年7万社の中小企業が廃業しているという深刻な実情があります。
後継者不足は、企業だけの問題ではなく、そこで働く従業員やその家族、取引先や販売先の損失、企業のノウハウや、サービス、商品、伝統技術などが失われることにも繋がる深刻な問題なのです。

【経営権の継承】
経営者が所有している自社株式、事業用資産を後継者に継続させる方法として生前贈与や、遺言を活用することになります。
このような対策を怠って何の対策もしておらず、突然に経営者が死亡した場合相続や、経営権の移転、株式の譲渡などがスムーズに行えず事業の経営が困難に陥る可能性があります。
経営者の死亡によって、自社株式や事業用資産が分散してしまっている場合は、会社や後継者が相続人からそれらを買い取る必要があります。
相続時に、自社株式を後継者に集中させるためには、株式の譲渡制限、相続人に対する売り渡し請求、議決権制限株式などの対策もあります。

【事業承継の手続きと問題】
実勢に事業承継の手続きや、問題点としては、以下のような方法があります。
事業承継を検討する際には、親族や社内に後継者がいるか、いないかによって違います。

(後継者がいる場合)
・経営全般を見直す
・後継者教育に不安がある
・事業承継に関しての資金調達が必要
・相続人同士の紛争が発生するリスクがある
・事業承継によって、相続税、贈与税がかかる

(後継者がいない場合)
・後継者や、売却先が見つからない
・後継者不在のため、育成までに十分な時間がない
・売却先の候補はあるが、お互いの交渉条件が合わない
・売却先に、現在の従業員を受け入れてもらえない
などがあります。
事業承継の手続きは、100社あれば、100通りの形があると、言われるほど千差万別です。また、事業承継がスムーズに行えない場合は、企業は社会的損失を受ける可能性もあります。ぜひ、現経営者が元気なうちに専門家に相談をして早めに対策を取るように心がけたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る