重要!事業承継にかかる期間はどれくらい必要?円滑な承継の為に

事業承継を円滑に行う為には、経営者はどれくらい前から準備をしておく必要があるのでしょうか?事業承継を円滑に行う為の平均的な準備期間を見てみましょう。

【事業承継の準備】
事業承継に必要になる準備は、まず後継者の決定です。兄弟が多く後継者候補が多い場合などは特に、早目に後継者を指名する事で事業承継がスムーズに開始できます。
具体的には、社会人としてのノウハウや常識、経営などを学ばせるために自分を守ってくれる人のいない他社に就職をさせそこで様々な事を学ばせる方法が一般的です。
この場合、安定した大企業よりも様々な事にチャレンジをしている、ベンチャー企業がお勧めです。
他社での経験によって、後継者は更に逞しく成長し自社の経営陣として大きな力を発揮する事でしょう。
親族に後継者がいない場合は、社員などの第三者に事業を承継する事になるため、準備期間とともに税金の問題などが出てきます。

【円滑な事業承継に必要な期間】
では、このような事業承継を円滑に行う為に必要になる期間はどれくらいなのでしょうか?
トップが様々な事に影響力を与える中小企業の場合は、特に後継者選びは慎重になります。誰を選ぶのか、どこから選ぶのか、選ぶ基準はどのようなものにするか、など様々な課題が出てきます。
ある調査では、後継者を選び育成していく為には、約4割以上が5年~10年未満は必要と答えています。これから考えると、円滑な事業承継の為には最低5年は必要であると理解しておきましょう。

【これからずっと元気でいるとは限らない】
経営者は、自身がここまで築いてきた事業に対する自信は誰よりも持っていると思います。それが、経営にも反映されて今までよい効果をもたらしてきたのですが、今の健康が今後5年、10年も変わらず元気でいるとは限りません。
中小企業では、特に経営のノウハウや、運営がトップに集中しがちです。ある日突然にトップが亡くなって、その後の経営が立ち行かなくなったという事のないように、多くの従業員や後継者の為にも事業承継の計画をし、少しずつ進めていく必要があります。

【まとめ】
多くの企業では、事業承継の計画をしていない、または計画はあるが進めていないというケースがあります。
企業の永続的な成長を妨げない為にも、経営者が60歳を超えたら事業承継の準備を開始し、少しずつ進めていくようにしましょう。
特に第三者に会社を承継する場合は、多額の税金が必要になりますので早くから準備をしておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る