ミッション!最新の経営知識で令和の時代を生き残れ!

経営のグローバル化や顧客ニーズの多様化、そのため企業経営はポロダクトサイクル、いわゆる短期化した経営戦略が求められるようになってきました。日々、新商品や新しいサービスの提供を求められるという時代へ突入したといっても過言ではないです。今回は、経営の知識として今注目されている「オープンイノベーション」について、紹介していきます。

クローズ?かオープンか?

「クローズドイノベーション」とは、自分の企業での研究や技術のみで作ったサービスや製品を提供する技術革新の一つです。日本にある多くの企業が、この経営手法で経営しており日本経済を成長させた要因でもあります。

しかし、グローバル化が加速する現代ではクローズではなくオープンが注目されています。
それでは、「オープンイノベーション」とはどういう意味でしょうか。クローズの反対の意味合いで使われています。企業という枠を超えた、サービスや製品を開発する経営手法になるため、自社以外の社外から、広く技術やアイディアを集めるという点が特徴です。

注目される理由を知ろう

注目される大きな理由としては、加速するグローバル化と顧客ニーズの多様化が挙げられます。この2点の理由は、経営者からしたら納得のいく理由だと思います。

経営や経済のグローバル化が加速する中で、日本企業を取り巻く競争社会、市場競争は激化する一方です。より新しい製品やサービスが、毎日のように発表や提供されているのが現状です。この競争社会で生き残る為に、企業は短期間で新しい製品やサービスを提供しなくてはいけないのですが、従来の「クローズドイノベーション」では対応しきれない事態になっています。

「オープンイノベーション」が注目されていることは、先ほども申し上げましたが、自社だけの枠組みを超えた新しい技術やアイディアを短期間で集約し、新製品や新しいサービスを創造できることを可能とする技術革新です。「オープンイノベーション」を経営に取り入れることで、競争社会で勝負する企業は最近では増加傾向にあります。

存続や生き残りをかけてどちらを選ぶか

グローバル化にともない顧客ニーズの多様化の影響が進む中、日本企業は自社だけで作った「クローズドイノベーション」の成功体験が根付いている企業もまだあるのも事実ですが、グローバル化にともない、いち早く「オープンイノベーション」を実施する企業もあります。

「オープンイノベーション」を知識として頭にいれておき、経営に活かす選択肢も経営者は考えておくのも面白いかもしれません。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る