会社経営の指針となる3C分析とは

自社が現在どういった経営環境に立たされているのかを調べる事と、競合他社の動向を観察分析する事、今後の自社の経営指針となるべきものを探すのが3C分析です。

3C分析とは

3C分析とは簡潔に言えばビジネス環境を、顧客(Customer)・競合(Competitor)・自社(Company)の頭文字3文字を取った言葉で、大きく分けて3つに分類します。3Cはこれらの各分野のビジネス戦略を、自社を取り巻く環境や経営戦略策定時において、市場を分析する事に使用します。

顧客分析(customer)

顧客分析とは、自社の製品やサービスを利用する潜在顧客とはどの様な人達なのか、集客数や購買地域の構成などの市場規模などや、その市場の近い将来性などを分析して、市場ターゲットとなるべき人の性別や年齢層によって取るべきアプローチを考えて行く事を指します。

自社分析(company)

自社分析は文字通り、売上高や市場での「シェア率・収益率・技術力・人的資源」など自社の事を数字などから分析し、ターゲットとなる市場における自社の強み、弱みなどを分析します。なお、自社分析を更に深く分析するには、SWOT分析といわれる手法なども使って内部環境(内的要因)と外部環境(外的要因)からも導いたりします。

SWOT分析

SWOT分析とは、「Strength(強み)・Weakness(弱み)・Opportunity(機会)・Threat(脅威)」の4つのワードの頭文字を取り付けられた名前です。 この言葉通り自社の強みや弱点、外部環境からの脅威などを分析します。

競合分析(competitor)

競合分析では競合他社の「売上・営業利益・コスト・広告宣伝費用」などの数値から得られた結果と、それが導き出されたリソース(理由)を調べていきます。競合分析では最終的に、競合するライバル他社を詳細に観察・分析することにより、自社の成功要因の答えを導き出すことです。

競合ブランドの特定

競合分析をするためには、競合ブランドを特定する事も分析を行いやすくなります。競合ブランドとは、顧客が自社と直接商品を比較するブランドである直接競合と、殆ど同じ商品やサービスではなくとも提供価値が同じ間接競合を特定することも参考になります。

自社の経営戦略の方向性

以上の様な分析を使って、自社の現在の立ち位置を確認する事は大切です。競争社会である以上余程の事がない限り、競合他社やサービスは存在します。それらの中から、自社独自の商品開発や独自サービスを模索していくことはとても重要です。それが今後の経営戦略と呼ばれるものになります。

まとめ

3Cとはこの分析を用いて競合他社との競争に立ち遅れないように、もしくは一歩抜け出す様にはするには現在自社はどこにいるのか、どうすればその位置から一歩抜け出せるかという事を導き出すための手段です、競合分析のフレームワークとしてはよく知れているのが3C分析と呼ばれているものです。是非一度自社を第三者の目で分析する事をお勧めします。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る