経営者こそ一番休むべきだという理由は?

経営者ともなると常に仕事、業務のことを考えなくてはなりません。休む時間があるなら仕事をし、事業や企業拡大のために何かしたいと思う経営者も多いと思いますが、休みも取らず仕事をするという考えを少し見直してみましょう。経営者も1人の人間です。休みを有効に使ってこそ、一流の経営者です。今回は経営者の休みをテーマに見ていきましょう。

休まずに仕事をやり続ける危険性

毎日のように休みを返上して、仕事をするということは一見いいように思えますが、果してそうでしょうか?ただ毎日業務を繰り返し、月日が流れていくのはいいのですが、経営者となるとビジネスに関しては常に競争社会の中にさらされているということになります。

ビジネスには波が必ずあります。既存のビジネスだけやっていると、あっという間に競合会社に先を越され市場では勝ち残れなくなります。経営者として、ビジネスで必要なものは変化です。休みもせずに既存の業務ばかりに没頭してしまうと、その変化を生み出すことが難しくなってきます。

重要なのは、常に新しい物や変化、アイディアを生み出すことが企業として生き残るために経営者に求められることなのです。

オンとオフを上手く使い分けてこそ経営者

経営者が休みを取ると、どのようなメリットがあるのでしょうか。いくつか、まとめてみました。

・仕事への新しいアイディアや未来図が生まれる
・大切な人へ時間を使うことができる
・自分の見聞を高めることができる

休日返上してまで仕事をする経営者は、既存の仕事をしている方が多くいます。ですが経営者の仕事は、先ほども申し上げましたが「変化」に気付くことです。新しいアイディアや発想は実は、仕事をしている最中より休んでいる方が生まれやすかったりします。

人はリラックス状態、脳や心に余裕がある場合に無意識的に、アイディアを閃いたりするものです。経営者として、そのような体験を一度や二度経験したことがあるのではないでしょうか。

大切な人のために時間を使うことも休む上で重要です。もしも、ご家族がいたら家族とのんびり過ごすのもいいでしょうし、もしも独身であれば恋人、友人、知人と遊ぶのもいいでしょう。経営者となると孤独はつきものです。心を許せる人と一緒に過ごすことだけで、心のリフレッシュにもなります。

また最近では、経営者だけでのコミュニティーの場もあります。休みを取ってそういった場で経営者同士が交流を深めると、面白い発想や自分自身の見聞を高めることも可能です。

まとめ

経営者こそ休みを取ることが必要であり、その理由として経営者は常に会社の為に変化を生み出し、成長しなくてはいけないからであるというお話をしてきました。休みを取るということは新しいアイディアを生み出すきっかけになることが多く、心のリフレッシュこそ経営者は大切になってくるはずです。経営者はオンとオフを上手く使い分けてこそ、一流の経営者といえるでしょう。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る