経営者必見!もう一度初心にかえり経営の定義について考えてみる!

会社を立ち上げたばかりの頃はただがむしゃらに目の前にある仕事をこなしていくだけで時間が経っていったという経営者の方も多いでしょう。しかし、ここで一度立ち止まり経営とは何か、という基本的なことについて考えてみてください。今後の経営に何か役立つことが見えてくるかもしれません。

【経営とは何か】

経営とは、何かと問われた時に皆さんはどのように答えますか?これは経営者の役目とも似ていますが経営とはやはり利益を上げながら企業を継続させさらに成長発展させていくことでしょう。

経営者の仕事は常に会社の利益や売り上げを考えながら、従業員を育成したり、会社にとっての成長を促す努力をし続けることだと思います。そのためには、社会における経営の在り方と、企業内における経営の在り方について経営者自身がしっかりと理解しておく事が大切でしょう。

【企業価値を向上させる】

企業経営の一つには企業の社会的価値を向上させることがあります。企業は、社会的責任を遂行し社会から信頼を得る必要があり、そのためには下記のようなことを実行していくことが求められます。

・文化活動などを通し社会に貢献する
・地域市民として環境問題に取り組む
・事業活動を通じ一定の利益を確保し納税や株の配当などの責任を果たす
・自社の事業規模や特性に応じて人材の雇用や開発を積極的に行う
・自社の事業活動を通じて社会に有益な商品やサービスを提供し、社会に必要な会社を目指す
などがあります。

【企業の成長・発展】

企業の成長や発展のためには以下のような努力も必要になります。
・事業の創造と成長・発展
・人材の育成、開発、活用
・ブランドや経営ノウハウなど無形財産の活用と向上
・従業員一人あたりの生産性の向上
・資金の融資や蓄積、活用

このようなことから企業経営は、人間性、社会性、経済性の3つを追及していくことだと言えるでしょう。企業ステージによってそれぞれ重視する配分は変わることはありますが、このうちのどれか一つでも欠落していると正しい経営を行っているとは言えません。
経営者は企業規模の大小に関わらず、経営者の役目は経営目的をしっかりと考え、それらを企業全体に浸透させながら人を動かしていくことが求められます。

【まとめ】

経営者の方は、普段忙しくなかなか経営の定義や経営とは何かという問題について考える機会はないかもしれません。
これを機会に一度経営とは何か、経営者の役割などについてゆっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る