優秀な経営者への近道!起業する前に副業で稼いでおくメリット

起業を考える際に、いきなり会社を立ち上げたり、融資を受けて多額の借金を背負うのはかなりのリスクが伴います。優秀な経営者は、まず副業をしてから経営者としてのスキルや技術、判断力などを養い本格的な起業を考えます。経営者になる前に副業をするメリットや、注意点を見てみましょう。

【副業をするメリット】

経営者になる前に副業をするのは、どのようなメリットがあるのでしょう。
メリットとしては下記のようなことが挙げられます。

・リスクの回避
現在の会社に勤めながら、副業を始め開業準備もできるため起業後いきなり収入がゼロになるというリスクは回避できます。

・スキルを磨く
会社員とは異なり、副業を行った場合簿記や経理の知識、お客様の対応、商品の発送、お金の管理など自分一人で全てのことを行わなくてはなりません。副業を通して経営者として身に着けるべきスキルを磨くことができます。

・経営者としての経験
経営者になれば、いざという時に瞬時に適切な判断をしなければならない場面に遭遇します。また、従業員や取引先との関わり方、資金繰りの方法、など経営者として重要な経験を積むことができます。

・視野が広がる
与えられた仕事をしている会社員時代とは異なり、副業をすると何でも自分一人で行うため今まで経験したことのない新しい経験や体験をする機会も増えます。これらの経験は経営者としての物ごとの考え方を広げてくれます。また、さまざまな業界の人と付き合うことで人脈も増え起業の際の助けになります。

・開業のための資金を貯めることができる
副業で得た収入で開業資金を貯めてリスクを減らして起業をスタートさせることができます。

【副業する際の注意点】

では、副業をする際の注意点もみてみましょう。まず、副業をする場合に必要な書類の準備や届出書を忘れずに提出する必要があります。
特に税務署への開業届や青色申告書承認申請書は事前に提出しておかないと税金面の優遇を受けることができません。
副業をする場合継続して収入があれば個人事業主とみなされますので、自身でも税金や簿記などの知識は少しずつ学ぶようにしていきましょう。

【まとめ】

経営者は副業をすることでいきなり事業をスタートさせるよりも多くのメリットがある事が分かりました。しかし、注意点もいくつかありますので副業を開始する前にもきちんとした下準備が必要になります。
経営者として成功をおさめるためにも、副業は大変有効ですので是非チャレンジしてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る