経営者の人脈作りは「焦らない」ことから

一流の経営者は人脈作りにも長けていると言われています。では人脈をうまく作れないからと言って、その経営者が二流、三流かというとそうでもありません。しかし良好な人脈のおかげで会社の危機を乗り越えられたという経営者もきっと多いのではないでしょうか。時に会社のリスク回避にも繋がる「経営者の人脈作り」について今回まとめてみたいと思います。

【人脈作りは焦らないことも大切】

ずっと面識を持ちたいと思っていた人ややっとの思いでお話をする機会を得ることができた人と会えた時その人との距離を縮めたいという気持ちが先走ることがあります。

しかし、人間というものは短時間で、その人となりが分かってしまうほど簡単な生き物ではありません。「長く付き合っていきたい人」「大切な取引先の人」「すごく魅力があり興味を惹かれる人」など、より気になる人ほど慎重に時間をかけて関係を構築していくことが「より良い人脈作り」の一歩といえると思います。

【人脈作りのうまい経営者は「場」の利用がうまい】

効果的な人脈を作りたいと思ったらこれまで通りの行動をし、いつもの場所にばかりこだわっていては進展はないと思った方が良いでしょう。

人脈作りのうまい人は自分の会いたい属性の人が集まりそうな場所に敢えて足を運びます。

例えば、「グローバルな人脈が欲しい」と思った場合あえて「アメリカンクラブ」のような海外に精通している人が集まりそうな場所に顔を出すようにします。そういった場所は会員制であったり時には決して安くないコストがかかってしまうこともあるでしょう。しかしそのように自分からアクションを起こすことで自然と「そういう人たち」と自然に付き合える自分の器と人脈が形成されていきます。

【人脈作りが生み出す価値】

人脈はただ自分が楽しむため、人脈それ自体に満足するために作ってしまっては何の意味もありません。

そのためには「何のための人脈」なのかを考える必要があります。

「会社や組織を発展させて、より社会に貢献できるようにするための人脈」なのか「その人脈から常に刺激を受け、切磋琢磨するための人脈」なのか目的を明確かつ有効なものに設定するべきです。そうすることで本当の意味で価値ある人脈が広がっていくと思います。

【まとめ】

いかがでしたか?
最初に述べたように人脈には「リスク回避」にも繋がる大きなメリットがあります。人と人の関係に関わることですので決して簡単なことではないですが、人脈作りの意味ある目的を立て、有効な手段を実行し、じっくり関係を構築していけるよう参考にしてもらいたいと思います。ありがとうございました。

関連記事

ページ上部へ戻る