経営に必要とされるリスク管理とは

起業したり新規事業を行う事は、「投資するという行為」がリスクを生み出し「リスク管理」を必要とします。起業することは、事業の目標に近づけることで利益を得る事です。しかし、必ずしも利益が出たり会社の成功に導けるとは限らないのです。そのリスクを回避する為には、経営上の「リスク管理」が必要とされます。今回は「リスク管理」についての在り方について紹介していきたいと思います。

■リスク管理=リスクマネジメント

会社としては、リスクを減らす為の経営上の管理が必要とされます。例えば、リスク管理
対象としては「商品の研究や開発」「企画および実行」「営業方針」「人材育成や発掘」「財務の管理」などが該当します。それぞれの分野において、成功や失敗、利益や損失に向き合わなければならないのです。

また、これらを総合して判断の可否もリスク管理のひとつです。以前の企業の考え方としては、「現状維持=横並び」は、有効と判断されてきましたが、現在では、革新的に利益を求めていく方向になってきています。つまりは、他社と同じ方向や結果では生き残れないと認識されているのです。

■挑戦することによって「学び」と「方向性」が生まれる

挑戦することが、成功へのカギは見えてくるのでしょうが、「リスク管理」としては、失敗から「学び」と「方向性」が生まれてきます。しかし、許容範囲を理解していなければ、危機的な状況に追い込まれていきます。

成功と失敗を紙一重とすることは、「リスク管理」と言えるでしょうか。会社としては、許容範囲と危機的状況の線引きを明確に提示しなければならないのです。

■ビジネスの多様化が「リスク管理」を必要とする

ビジネスの対象は、日本国内にとどまらず海外進出が当たり前の時代になっています。取引におけるデジタル化は、場所や時間を超越する効果があります。インターネットの普及によってビジネスのデジタル化に加速をつけているのです。

ここにも「リスク管理」は発生してきます。コンピューターウィルスや情報の管理についても、セキュリティーに関する「リスク管理」が要求されてきます。リスクはどの分野においても考えるべきことであり経営コントロールができないようでは、会社としての生き残りが危ぶまれる事でしょう。

■会社経営の方向性が「リスク管理」となる

会社としては、利益を生むことに目的を絞っていくのですが、時には会社の決定によって「リスク管理」が妨げられることにもつながります。「リスク管理」は会社経営の方向性に等しいとも言えるのです。

会社の経営状況を把握して経営戦略で生き残れるかを「リスク管理」で判断しなければなりません。場合によっては、経営上の撤退もしなければならないのです。目的を達成する為の経営戦略は、常に危機意識を持つ事が重要となります。

■リスク管理の要因に向き合う

経済産業省が考えるリスク管理の要因は4つあります。リスク新時代では「経営管理の在り方の変化」「リスクの多様化」「説明責任の増大」「規制緩和の進展」の4つを挙げています。このような社会的枠組みが変化に対して、企業や組織として会社の事業の存続をかけて自己判断による「リスク管理」を求めているのです。

「リスク管理」は、起業すると同時に生まれるリスクに対して向き合う事が大事です。利益を生むためには、時には革新的なチャレンジも必要でしょう。それには、経営者がリスクをコントロールするように管理を怠っては利益を得られない結果がありえます。言うなれば、「リスク管理」は、利益を得る為の管理と言えるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る