経営に求めるリーダーシップとは何か

経営におけるリーダーシップとは、経営のトップとしての考え方や、人々を動かす為の実行力などが考えられますが、具体的な考え方を探ってみましょう。

リーダーシップ

リーダーシップとは何でしょうか。人を動かす事や導く事などが考えられます。しかし、人に指示する事がリーダーの役目ではなく、従業員一人一人が自発的に動けるようにするための組織、環境づくりをする事が大事なのです。人を動かすのではなく、個人が積極的に動けるようにする場所や制度を与えることが、リーダーシップの一つといえます。

目標を全員が共有する事

チームや会社が、リーダーシップによって目標を共有して、同じ目標を達成する事で、自分達が何をすべきなのかが理解できる事になるのです。与えられた仕事では、全体像を把握できませんが、同じ目標に向かっていれば最終的な完成形が個々で見えてくる事になります。

あるいは、売り上げ目標などは具体的な数字を示しているので、達成感がわかりやすいでしょう。1億の売り上げをあげるには、我々のチームがいくら達成すれば可能なのか、我々の会社がどれだけの実績をあげれば目標を達成できるのかがわかるのです。

仕事の意義を問う事が必要

会社やチームの目的は経営者ばかりでなく、会社の全員が目標に向かっています。ただし、仕事に求める意義は、一人一人が異なる考え方なのかも知れません。

「私達の仕事の意義」を、今一度追求する事で、それぞれの考え方の違いを知る事になるのです。経営のリーダーシップは、それぞれの考え方の違いを、仕事の意義として向き合う事で、より理想に近い仕事の達成感を求める事になるのです。

組織の強みを発揮する

経営のリーダーシップは、組織の内部や上下関係の立場に置いて、弱い部分を把握してリーダーが補っていき、組織の強い部分を発揮する事で、経営を上手にコントロールする事です。良いところは強調して伸ばしていく体制が必要なのです。

組織のメンバーと向き合う事

経営のリーダーシップは、独断的では通用しなくなります。勿論、最終的な判断を下すのは、経営者でありリーダーシップである事は明らかです。しかし、組織のメンバーと向き合って、リーダーシップに必要な事や足りない事を、組織の一員としてメンバーに向き合わなければならないでしょう。

リーダーシップは、自分自身を分析する

リーダーシップは、個人やチーム、そして会社全体を導くものですが、まずは、自分自身を分析して、何が必要で何が不足しているかを、客観的に分析する必要があります。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という「孫子」の中の一節で、兵法はビジネスの参考にされる事で有名です。向かう相手はもとより、自分自身を知る事で、負けない戦いができると言う意味です。リーダーシップは、経営者としての自分を知る事から始まるのです。

経営者が持つ問題意識

どのように組織を率いていくべきか、リーダーシップがどうあるべきかを問われています。会社や経営者としてのリーダーシップが、リスクを減らしたり回避したりすることに繋がります。常に問題意識を持ち続ける事が必要です。

経営者のカリスマ性やリーダーシップの行動力は大事ですが、状況によって発揮できる理論的なリーダーシップも経営に必要になってきます。リーダーシップは、会社を継続的に導く努力ですが、絶対的な答えは存在しないので、状況を把握する判断力と問題意識が重要なのです。

まとめ

経営者のリーダーシップの中心となるものは、経験の中から培った経営哲学や、経営者の信念なのです。既存事業の在り方や新規事業に挑戦する事が、経営者のリーダーシップが求めるものであり、5年後や10年後を見通す考え方も、リーダーシップに必要な事でしょう。

会社経営のことや経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る