経営者がパソコンを使いこなす必要性はあるか?

最近の経営者は、若い世代も増えてきているでしょう。しかし、経営にたずさわる世代の多くは、50代以上が圧倒的に多いのです。50代以上の経営者は、いかにパソコンを使いこなせるのでしょうか。経営者がパソコンを使いこなす必要性について紹介しましょう。

経営者がパソコンを使わない理由

今や歩きスマホなど問題になるくらい、スマートフォンが多くの世代で一般的に利用されています。これが5年前ならば、1割にも満たなかったのです。これは、通信制度の改革に伴って、スマートフォンしか利用できない状況になったからなのです。必要とは、最大の消費理由といわれています。スマートフォンはパソコン世代に代わって、40代を起点に使える人と、使いにくい人に分かれるでしょう。

パソコンは、情報を創造する

多くの企業は、パソコンが1人に対して当たり前のように常備されています。多くの経営者は、より創造的でなければならないと、パソコンを使いこなす事が求められてきました。経営者が意思の決定を下すには、ほんの少しの情報量で事足りる為に、パソコンのスペックは、さほど必要性を感じられなくなっているのです。経営者の意思決定に必要なのは、その他の役員とのコミュニケーションによるものが大きいとされています。

コミュニケーションツールとしての比較

パソコンはクリエイティブなツール(道具)としては、ベストな対象なのですが、コミュニケーションのツールとしては、スマートフォンに後れを取っていると、いわざるを得ません。つまり、オーバースペック(大容量)のパソコンを使いきれないよりも、経営者に必要なツールは、スマートフォンの方が最適といえるのです。

パソコンのセキュリティ管理

パソコンのウィルス被害は、常にイタチごっことなり、対策をしては破られるなどの繰り返しです。起業大手からも顧客情報の流出問題が、大きくクローズアップされています。経営陣は、リスク管理の一環としてみえる経営化に取り組んでいます。

このようなリスク管理は、経営者は把握すべきですが、専門的な分野は専門家にまかせるべきであって、経営者は、報告を受けて経営の方向性を決める事が重要なのです。経営者のパソコンの必要性は、専門的なセキュリティに対応していないのであれば、むしろ必要性は感じられないのです。

まとめ

経営者にとってパソコンは、以前に比べると重要性を感じていません。今の時代は、コミュニケーションによって経営を管理しているのです。パソコンンに代わるツールとして、スマートフォンの必要性が増すばかりです。経営者がパソコンとスマートフォンを、いかに使い分けるかが、今後の企業経営の在り方を示す事になるでしょう。

会社経営のことや経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る