経営者が内部監査を実施させる必要性について

企業で内部監査をする事は、正しい経営活動が行われているのかどうかを、経営者に立場として把握する為にも、必要な工程としての役割を位置づけています。どの企業においても、経営の健全化や、見通しの良い企業経営を目指す為の取り組みとして行っているのです。

内部監査の必要性を理解する

会社組織の監査を行う事は、内部の人員によって調査される事を意味しています。企業経営の健全化を行う為には、厳しいルール作りも必要といわれています。なれ合いの関係や、曖昧な調査では、内部監査の必要性が感じられないからです。

「経営目標の効果的な達成に役立つ事」が、内部監査は公明正大に行う為の、合法性と合理性の立場から独立した部門として実行する事が大事なのです。経営活動の遂行状況に対して、「ガバナンス・プロセス」や「リスク・マネジメント」と「リスク・コントロール」が、正しく行われているかどうかを評価するものです。

内部監査の目的を知る

内部監査人の選出者は、困難を要します。規律遵守の態度で監査に臨み、客観的意見を述べ、評価に対しての、助言したり勧告をしたり行う事です。経営諸活動の支援をする為の、アドバイスをする部門として、経営のサポートをする業務となっています。

最大の目的である内部監査は「企業の発展」が前提にあり、最も有効な「改善策を助言」したり、勧告したりする事で「企業の発展」を実現する事です。事業活動の効率を高める為にはどうすれば良いのか、士気の高揚を促すにはどうすれば良いのか、具体的な支援内容を示す事が求められます。また、企業内部が直面するリスクや問題点を早期発見する事が、早期解決につなげて、社会的な信用を保つ事に尽力しています。

内部監査の流れを見る

内部監査の実施は具体的には、「監査計画」を立てて「予備調査」を行い、「本調査」で実行して「評価・報告」となり「フォローアップ」する事で一連の流れとなっています。

1-監査計画を立てる
監査計画は会社の規模や細部に至る事を考慮して、監査業務の方向性を計画するには、実施範囲や監査チームが考慮すべき点などを考えます。対象範囲は、会社の全てが対象となります。

2-「リスクマネジメント」・「コントロール」・「ガバナンス・プロセス」の3点
監査業務または診断業務が3つの観点を必ず含む事とします。監査チーム要員の選定も重要であり、経験や公平性、洞察力や広く深い視野を持つ人が要望されます。「監査リスク」においては、「重大な虚偽報告」や「欠陥の見落とし」には、厳しく向かい合う事が求められます。

3-予備調査を行う
本調査の1~2カ月前に行うのが理想としています。監査対象の部門へ通知をして、書類やデータの用意を行い、部門責任者の同席を指示します。効果的な監査には前述のような準備が必要としており、抜き打ちの監査よりも効果的です。ただし、不正会計の疑いがある場合には、抜き打ちの監査を必要とします。

4-本調査を行う
監査要点に関連する書類などが対象となり、事前に計画した監査内容を元に、業・業種によって異なる要点を調査していきます。接客販売業の部門に対しては、マニュアル通りに対応がなされているのか、顧客対応や商品管理は正しく行われているのか、在庫管理を行う部門では、過剰在庫や在庫不足など、適切な管理が行われているかを調査して、問題点や課題を、部門の責任者と話し合いを持つ事で改善策を探っていきます。

5-評価と報告をする
全ての調査を終えると、要点ごとに入手した証拠書類と、調査による総合的な判断を下します。調査による評価を報告書にまとめて、経営者及び監査対象の各部門に報告する事になります。

6-「改善計画回答書」の提出をする
監査による問題点を改善する為の計画書を、具体的な指示を書面にて提出します。

7-改善点におけるフォローアップを行う
監査手続きが終了すると、問題点や課題に対して改善が行われているか、再調査を行う事になっています。

まとめ

経営者は会社に対する経営の健全化の為には、内部監査は必要不可欠として、リスク管理の面でも有効的な手段として成り立っています。注意したい点は、同じ会社の社員同士であっても、公正に向き合う姿勢が、厳しく求められる事です。会社によっては、経営者や経営陣に対しても内部監査を実施する取り組みも進んでいます。

会社経営のことや経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る