印象に残るプレゼンこそ経営を支える武器となる

プレゼンと聞くと、パソコンのスライド機能を使い商品やサービスをアピールする方法一般的になっています。プレゼンは会社会議でも行われますが、取引先との商談交渉で効果を発揮し、プレゼン次第で契約を交わすか交わさないかまでに至るため、重要になってきます。プレゼンの成功こそが、経営の鍵を握っているといっても過言ではないでしょう。今回はより印象づけるプレゼン方法を紹介したいと思います。

仕掛けを増やし相手に印象付ける

スライド機能を使ったプレゼンは今や当たり前です。それではプレゼンの際、他の要素で相手、取引先に印象付けるためにはどんな工夫が必要なのか考えて見ましょう。

【視覚をつかった印象】
スライド機能をつかった画像や動画を上手く使ったプレゼン方法があります。一般的ではありますが、もしも商品やサービスを見せるとなると、それなりのストーリー性がなくては印象が薄くなってします。よって、ストーリーの中でよりメッセージ性の強い部分での見せ方が必要になってきます。プレゼンの画像や動画の使いどころは、常に注意が必要でインパクトのある使い方が成功への鍵を握る一つといえるでしょう。

【具体的な商品サンプル】
次の手として実物を出してみましょう。これも視覚効果ですが、自社の商品を売り込むためにはプレゼンで商品やサービスの紹介、または画像や動画で印象づけ、その後に実物をだして具体的な商品化を想像させましょう。アップル社の「故スティーブジョブズ氏」が新作商品発表会で、この方法を使いプレゼンしています。視覚効果でのプレゼンは相手を驚かせることで、印象付けることも可能になります。

小道具を上手く駆使する

まずはマイクチェック、プレゼンではハウリングなどがおきないように、事前に何度も調整しておきましょう。プレゼン中はマイクによるアピールトークが重要になってきます。もしも、ジェスチャーを交えたプレゼンをしたいなら、手持ちマイクではなくピンマイクでのプレゼン方法も検討しましょう。

レーザーポイントの使いどころもプレゼンを成功させる為には、重要なアイテムとなります。スライドを流す中で、より強調しアピールしたいところを正確に相手へ伝える為の効果としてはバツグンです。スムーズかつスマートに使う練習はしておきましょう。

まとめ

今回は、視覚によるプレゼン方法を中心に紹介しましたが、いかがだったでしょうか?プレゼンとなると、やはり誰でも緊張とプレッシャーはつきものになってしまいます。しかし、逆転の発想し、ポジティブに自社の商品やサービスを沢山の人に知ってもらい、利用してくれると考えを変えれば、いいプレゼンができるかもしれません。プレゼンで経営を上手く支えていきましょう。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る