今のままの経営管理で大丈夫?

あなたの会社の経営管理は大丈夫ですか?この質問に自信もって、経営は問題ありません!大丈夫と答えることはできますか?経営管理は複雑であり、時代と共に進化を続けています。5年、10年前と同じ経営管理をしていませんか?今回は、経営管理をテーマに一緒に考えていきましょう。

計画的な経営管理が大切

経営管理とは、会社経営に必要な資源を配分する管理技術のことを指します。会社として「人・物・金」を円滑に管理することが経営を進めていく上で重要であり、この管理バランスが崩れてしまうと会社としては致命傷を負うことも十分あります。

人を雇う場合、または会社で新しい設備を導入しようと考えた場合、お金がかかります。しかし、来月の会社としての収入や予算、仕事がどのくらいあり、会社へ入ってくるかを正確に把握しておかなければ、人を雇う設備を購入することは不可能です。

行き当たりばったりの経営をしていては、会社は倒産してしまいます。そこで経営管理をきちんと行うことで、計画的または効率的に「人・物・金」をコントロールしていきましょう。

この経営のコントロールが上手く機能すると、不測の事態への対応も可能になり改善策も立てやすく、経営を軌道修正することもできます。

3つの管理目的

経営管理の目的とは、経営者が考えた経営戦略と同じベクトルに向かわせ、上手く行動させることにあります。

【戦略について】
戦略については、その企業のそれぞれの目標や未来ビジョンがあるので千差万別です。
つまり、戦略にもとづいた経営管理の仕組みも、企業ごとに異なってくるのは当たり前ということです。

【ベクトルについて】
経営者が戦略を立案し、資金を沢山つかっても実行する社員が同じ方向を向いていなければ意味はなく戦略は機能しません。社員が同じベクトルへ向くように、経営者がすることは業務評価指標を設定すると効果的になり、管理目的にも上手く繋がります。

【実現の可能性、ビジョン】
どのような目標や戦略を掲げても、実行しなければ全て意味がなくなります。残業を前提に達成される目標や戦略は、モチベーション低下になるだけです。現実的かつ実現可能な目標をたて、未来ビジョンを社員と話し合いましょう。

従来の経営管理から脱却

経営管理は日々進化しています。従来のやり方にこだわった経営管理会社もありますが、経営管理の便利ツールは探せば沢山出てきます。自社とマッチングした経営管理方法を探してみましょう。ビジネスはスピードが命です。それを支えるのが経営管理。出来る限り円滑に物事を進める為に、効率的かつ効果的な経営管理を経営者は今一度考えてみる必要があります。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る