ランニングが経営者を加速させる

近年の健康ブーム、自分磨きの一環としてランニングをする人が増えてきました。国内のランニング・マラソンを趣味とする人口は約1000万人を超えているようです。ランニングの何が面白いのか?経営者とどのような関係があるのか?今回は、ランニングから学ぶ経営者をテーマに見ていきましょう。

ランニングから得るものとは

経営者の中にもランニングを趣味とし、積極的に取り入れている人は多くいるようです。
経営者の皆さんにその理由を聞くと多くの方が、「ランニングからこそ学べるものは大きい」と答えています。

ランニングは基本的には、たった1人でひたすら走る孤独なスポーツです。その魅力と経営者の関係はどういったものがあるのでしょうか。

ランニングと経営の共通点

長距離ランニングやフルマラソンの経験がある方はわかると思うのですが、一朝一夕で完走出来る人はいないですよね?ランニングやマラソンは何度も何度も練習して、どんどん距離を伸ばしていくことに意味があります。

始めは10キロから次第に20キロ30キロと、地味道にコツコツとした練習が必要です。まさに継続することの大切さを知ることが出来るスポーツなのです。

この継続するということは経営に活かせます。最初にゴールとなる目標を定め、その達成の為にどのようなペースで目標を達成することが可能かは、ランニングと通じている部分があります。

またランニングは孤独のスポーツですが、走っている最中に自分との会話を出来ることが経営者としての大きなメリットといえます。経営者は常に自問自答しながら走ることができますので、業務やプロジェクトの見直しや新しい発想やアイディアを練りながら走る方が多いようです。

経営者はやはり継続的に会社存続や拡大を目的としていますので、ランニングの中で継続、維持の大切を実感し磨くことができます。

ランニングコスト

ビジネスにおいてよく使用される言葉ですが、維持するための費用や機材などを管理、運営して使用し続けるために必要な費用のことです。私たち人間もつねにランニングコストが必要だといえるでしょう。経営も人生もうまく継続させることが、難しいのです。

まとめ

ランニングとビジネスには通じているものがあり、決して根性論や精神論だけでは成功はできません。継続、維持という仕組をランニングから得ることが大切になり、経営者はランニングを通し経営に活かせる道を走ることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る