「経営者とオーナー」役割とリスク

「経営者とオーナー」この違いを皆さんご存知でしょうか? 混同してしまいがちな「経営者とオーナー」ですが、間違った知識を持っている人が多くいるようです。今回は「経営者とオーナー」の違いと、「経営者とオーナー」を一緒にやるリスクをテーマに見ていきましょう。

それぞれの立場を理解しましょう。

「オーナー」と「経営者」この違いがわかっていない人は意外に多くいます。その理由として日本にある中小企業と言われる企業の大半は、「経営者兼オーナー」として経営している企業が多くあり、それが原因で混同してしまうのでしょう。

「オーナー」と「経営者」を分離し、分けている企業は一部の上昇企業であり、日本にある9割は中小企業という点も混同してしまう原因かもしれません。それでは、一度分離してして「オーナー」と「経営者」を見ていきましょう。

「オーナー」の立場と役割

会社や企業などは誰かが所有し、誰かが経営者として経営することにより成り立ちます。
「オーナー」はその所有者であり、立場としては資本や持ち株の過半を握っている立場です。

「オーナー」は経営者を雇い、経営に関してその人に任せることも可能です。もしも、会社に何かあった場合は、例えば会社経営が上手くいかずに赤字が続くなどの場合は、「オーナー」として資本で解決する必要性が出てきます。

そうならない為にも、日頃から「オーナー」は「経営者」や会社の現状を把握し、役員会議などを開き問題解決策を考えなくてはいけません。

「経営者」の立場と役割

経営者の立場は「経営力とコンプライアンス」、経営者の経営力で会社の利益が左右されますし、「コンプライアンス」とはいわば会社や企業内でのルールや規則を守ることをいいます。経営者に関しての役割や経営に関しては「賢者のメモ」でご参照ください。

上記のように、「経営者とオーナー」を分けるとそれぞれの立場と役割がハッキリとみえてきます。

経営者兼オーナーの場合

日本の中小企業の多くに見られるのが、経営者とオーナーを同じ人がやるといった企業です。所有者としての「オーナー」、経営力が問われる「経営者」を両立するのはとても魅力的でもありますが、相応のリスクと責任が付きまとうことになります。

そのリスクとは、当然ですが経営で失敗できない点が一番の難関です。もしも、事業で失敗をしてしまったら持っている資産(株式)は価値がなくなってしまい、残るは借入金、つまり借金をつくってしまう可能性もあります。

ただ失敗を恐れていては経営はやってはいけません。「経営者とオーナー」を上手く両立させる道を上手く模索し、適切な判断と行動力で成功を収めることも十分に可能です。

まとめ

「オーナー」とは所有者であり、立場として「資本や持ち株」を握っています。「経営者」とは会社を経営する人であり、「経営力とコンプライアンス」で会社を経営して行きます。
日本の中小企業では「経営者とオーナー」を両立させている会社が多くありますが、リスクが高く常に適切な判断と行動力が問われます。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る