経営者ならではの休み方

経営者なら「休んでいる暇なんてない」「そんな時間があるなら仕事する」と、思わず口にだしてしまうかもしれません。ですが、経営者にこそ「休み」が必要で、重要であることを今回は紹介しようと思います。経営者ならではの休日の過ごし方を一緒に見ていきましょう。

優秀な経営者こそ休む

どんな人にも「休み」をとることは大切です。これは科学的にも研究結果としてでており、ある一定量を超えて仕事をすると、逆に生産性やコストパフォーマンスが落ちてしまうという研究結果がでているようです。

働けば働くほど、生産性が必ずしも上がるというわけではないようです。経営者にこそ「休み」が必要で、その「休み」をいかに過ごすか重要になってきます。「スティーブ・ジョブズ」や「ビル・ゲイツ」は休暇を取り、じっくり考える時間をあえて作り、思考の活性化をさせていたと言われています。

それでは経営者ならではの「休み」の過ごし方を見ていきましょう。

有意義に過ごすために

〇あえてネット環境から離れる休み方
経営者によくあることなのですが、パソコンやスマホを触ってしまうと、ついつい仕事をしてしまうという方が多くいるようです。これでは本当の意味で「休み」ではなくなり、リフレッシュは出来なくなってしまいます。

またSNSやネットサイト、コミュニケーションのツールとして、今では何でも「デジタル」な時代ですが、ここは時間を決めネットに関するものを完全にシャットアウトし、リラックスできる状態で数時間過ごしてみましょう。これは脳の活性化に効果的といわれています。

このリラックスした状態で、頭の中で考えてみましょう。来週や今月中にやっておきたいことを紙に書かず頭の中だけで考えてみましょう。さらに脳は活性化してくると思いませんか?

〇新たにコミュニティの場へ
経営者として、数多くのセミナーや経営者同士のコミュニティの場へいくこともあると思いますが、「休み」を利用して自分の趣味のコミュニティの場へ友人を誘っていってみるのも、楽しい休日の過ごし方と思います。

初対面の人との出会いは社会性の幅が広がるだけではなく、新たなアイディアが生まれやすいとも言われます。「休み」を使って、新しい「人脈作り」は新たな刺激を経営者にもたらしてくれるでしょう。

その他にも、「休み」の過ごし方は沢山あります。家族をお持ちでしたら家族と出かけるのも「休み」の過ごし方ですし。運動や汗をかくの好きな経営者でしたらスポーツして「休み」を過ごすのもいいことです。

一度、経営者であるということをリセットして「休み」を満喫してみることで、また違う考え方やアイディアなどが生まれてくるきっかけになるかもしれません。経営者こそ「休み」を大切にするべきです。

まとめ

経営者こそ「休み」を取り、充実した休暇を過ごしましょう。休みを有意義に過ごすことによって、自分が見落としていた点や新しい発見が生まれてくるものです。「休み」は決して無駄な時間ではありません。

会社経営のことや経営者のための保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る