リスクマネジメントに対する正しいプロセスを知りリスクを軽減

私達は、常に様々なリスクにさらされています。これらのリスクに対して、事故や災害、人的損失などが起こる可能性と、ダメージの大きさを推測し、安全体制、予防策、注意喚起などを行う事をリスクマネジメントと言います。
これらを、正しい方法で行う事でリスクを軽減する事が出来るのです。

【リスクに対する正しいプロセス】
リスクマネジメントのプロセスには、大きくわけて3つがあります。まず、「リスクアセスメント」があり次に「リスクコントロール」最後に「リスクレビュ」があります。それぞれ見てみましょう。

【リスクアセスメント】
最初に事故や災害、人的損失などが起こる可能性と、ダメージの大きさを考えるリスクアセスメントを行います。このプロセスにおいて、リスクの特定、分析、評価があります。リスクの特定とは、リスクに関する質問または問題点などを参考にしながらハザードを特定するために様々な情報を利用する事です。
リスクについては、過去のデータや、倫理的分析、消費者の意見、利害関係者の懸念など様々なものを参考にすることが望ましいでしょう。
リスクの特定は、うまくいかない理由や原因、起こりうる結果の特定などを調べ、特定する事にあります。
さらに、リスクを分析しリスクの推定、ここで分析されたリスクを所定のリスク基準に従い評価していきます。

【リスクコントロール】
リスクコントロールは、これらを受けリスクによって受ける損害や被害をできるだけ低減したり、リスクを受容するという事になります。
リスクの受容とは、コントロールしたリスクに対して、まだ残存するリスクを受容する事を言います。例えば、あるリスクに対して最良のマネジメントを施してもリスクを完全に取り除く事はできず、受容可能なレベルまでリスクを低減する事で合意する事になります。
これをリスクの受容と言います。
リスクコントロールの目的は、リスクを受容できるレベルまで低減する事にあります。

【リスクレビュ】
リスクレビュとは、リスクに対する安全策がきちんと機能しているかの確認になります。
ここで、想定していなかった新たなリスクが発生している場合はリスクの分析や評価というリスクコントロールに戻り見直しをする事が重要です。

【まとめ】
リスクマネジメントのプロセスはとても重要です。これは、どのような市場に対しても言える事で、想定していたレベルを超えるような新たなリスクが発生した場合は、もう一度リスク分析に戻り正しいリスクアセスメントを実施した上で計画の変更を行っていかなければなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る