工事業者はぜひ加入しておきたい!請負業者賠償責任保険とは

工事現場や、建設現場で事故が起きた場合、請負業者は賠償責任を負うリスクがあります。このようないつ発生するかわからないリスクに対して、自社だけで備えることは難しいため、請負業者だけではなく建設業者もぜひ加入を検討しましょう。請負業者賠償責任保険とその必要性についてみてみましょう。

【請負業者賠償責任保険とは】

工事を請け負ったり、使用または管理している施設が原因となり第三者に対して身体的損害を与えたり、他人の財物に損害を与えた場合会社は損害賠償責任を負うことになります。

請負業者賠償責任保険は、このような第三者に対する損害賠償に対して保険に加入している会社が被る損害を保障する保険のことをいいます。
ただし請負業者賠償責任保険が、保障する範囲は作業中の事故によって損害賠償が発生した場合に限られます。それ以外のリスクについては、他の保険で備えることになりますので注意しましょう。

例えば、自社が何らかの原因で第三者から受けた損害に対しては保障されませんので覚えておきましょう。

【請負業者賠償責任保険で対象になる工事】

では、具体的にどのような工事に対して保険の対象になるのでしょうか?対象になる保険について、は下記のようなものがあります。

・各種地下工事
・道路建設工事
・道路等の舗装工事
・軌道建設工事
・ビル建設工事
・橋梁工事
・各種建築物
・設備工事
・移動・解体・取り壊し工事
・プラント・機械装置の組み立て・据付工事
・高層構築物・建築工事
・建築物設備・機械装置等の改修または維持工事
・土地・造成
・引っ越し・駆除・草刈・造園・取材・調査・ビルメンテナンス

などが含まれます。

【請負業者賠償責任保険の必要性】

工事現場には多くの危険が潜んでいるため建設業者や請負業者などは、いざという時のために請負業者賠償責任保険に加入しておくと安心です。
例えば、建設中の工事現場の足場が外れ通行人に怪我を負わせるリスクや、所有しているビルの看板が落下して通行人に怪我をさせるリスク、外装塗装をしていた職人がペンキ缶を落とし通行人の服を汚すなどのケースが考えられます。

保険に加入していると、このような第三者に対する損害賠償に対する備えができるほか、万が一に迅速な対応ができるため企業のイメージダウンを最小限に抑えることができるので安心です。

【まとめ】

請負業者賠償責任保険は、建設業者や請負業者は必ず加入しておきたい保険です。ただし、工事中の事故などで自社が損害を負った場合は保険の対象にはなりませんので注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る