経営者が導く経営方針と理念の関係

経営方針と経営理念は共に語られる事が多いですが、経営方針とは方向性を示すものであり、それには経営理念が深くかかわってきます。今回は経営者が導く、経営方針と理念の関係について紹介しましょう。

経営方針と経営理念の関係

経営者が目標となる理念を掲げる事で、会社の存在価値を示します。この経営理念により、会社全体が経営者と同じ目標を共有する事で、会社の方向性を決めていく事になるので、経営方針と経営理念は切り離せない関係と言って良いでしょう。

経営理念の意味するもの

経営者や会社が、企業活動の為に必要となる考え方を示したものです。経営者である創業者がこの会社の目指している理想や信条を示す事で、会社としての価値観を企業内外に発信するのです。これが基本的な考えとなり、会社が目指すべき理想の形を実現する為に企業活動を行う事になります。

経営者あるいは企業として利益の追求だけではなく、社会的にも意義のある会社として価値観を示し、社員の全てが共有する必要があります。いわば、企業としてのイメージであり、社会における信頼感となるのです。

経営方針が意味するもの

経営者が目指す事は利益だけではありません。会社の存続や社員の保証など、やるべき事はたくさんあります。その為には、会社が、企業が、一丸となって目標を達成させる為に努力する事につきます。

経営理念が示しているように、会社の価値観を作り上げていく事も経営者が企業全体に示すべき目標でもあります。経営方針が意味するものは、社員が示された方向性に向かって活動を行う「道しるべ」となるものです。

利益の目標達成はシンプルですが、経営理念が求める結果に、企業が目指す方向性で実現できるように努力する事も求められているのです。社会的な価値観は、企業として成長する糧となるのです。

経営方針に必要な事とは

企業としての一体感を必要とします。仕事に対する経営方針が支えとなる事で、社員の意識を高めていく事につながり、困難に立ち向かう原動力となります。個々の集まりが同じ目標を持つ事で、企業の方向性を実現できるのです。

経営方針によって、「経営戦略」の基盤として具体的な行動について作成する事が出来ます。経営方針に逆らった戦略であっては基本的な考え方が定まらずに、戦略としての行動に支障をきたす事になります。

行動指針が統一感を持つ

社員全体は、個々の集まりをグループ単位や部署単位でまとめていき、結果的に企業全体が統一感のある行動指針となり、経営方針の一部となります。

まとめ

経営方針は社員全体が利益や価値観を共有して、同じ方向性に向かっていく為の「道しるべ」です。経営理念との結びつきによって、目指すべき事や達成すべき企業の姿が見えてきます。企業の成長によって、経営方針も変わっていく事を考えるべきだと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る