経営者必見!企業におけるリスクマネジメントの重要性

リスクとは「損失の起こる不確実性」を言いリスクマネジメントとはそれを回避、低減するためのリスクの管理の事を言います。企業におけるリスクマネジメントの重要性やその対策などをみてみましょう。

【企業におけるリスクマネジメント】
企業におけるリスクマネジメントは昨今非常に重要なものになっています。それは災害や事故がもたらす甚大な被害は勿論ですがこれら以外にも企業を取巻く環境が大きく変わった事が理由にあります。

環境問題、企業不祥事、情報セキュリティー、労働環境問題など企業が関わるリスクは 年々多様化、複雑化している事がわかります。
更に企業における社会的責任は重要視されるようになっています。企業は常にリスクを意識しリスクに対する配慮を怠らないようにしなければ企業の評価は低下します。
このような事を考えると業界、業種の区別なくリスクマネジメントは必要不可欠な事になりどのような企業であってもリスクマネジメントを常に意識して行動すべきでしょう。

【リスクの種類】
リスクには下記のようなものがあります。
(財産損失のリスク)
企業が所有する財産が災害、盗難、資金運用の失敗、株価や土地価格の暴落などが原因で損失するリスクを言います。

(人材損失)
従業員、経営者、役員等が死亡や病気、災害、事故などが原因で現場から離れるリスクを言います。

(賠償責任のリスク)
企業が故意または過失によって消費者や地域住民などから賠償責任を問われるリスクをいます。
また違法行為によっての法的制裁を受ける場合もあります。

(情報漏洩のリスク)
顧客や取引先の個人情報が外部に漏れてしまうリスクです。情報漏洩によって関係者からの信頼はなくなり顧客や取引先が離れていき企業にとっては倒産などの大きな損失に繋がるケースもあります。

【リスクマネジメントの方法】
ではどのような方法でこれらのリスクを回避、軽減すればよいのでしょうか?

リスクマネジメントにはまずリスクを想定し認識、特定することから始まります。次にリスクの分析と評価を行いリスクの手段を考えます。
リスクの処理方法はリスク回避、リスク軽減、リスク受容、リスク転移があり経営者は必要に応じて処理手段を選択する必要があります。
またこれらの手段を従業員や経営者はともに共有し突然に起こるリスクに対して迅速に対応する事がリスクマネジメントの面では大事になってきます。

【まとめ】
リスクはいつどこで起こるか想定する事は難しいですが、それに対する対策や対応を常に考えておくことでリスクを最小限に抑える事はできます。
経営者は勿論ですが従業員全員がリスマネジメントの情報を共有し皆がリスクに対して関心を持つ事が大切でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る