経営者がスポーツをする理由とは?

経営者のほとんどが何らかのスポーツを好んでおこなっているといわれています。なぜ経営者はスポーツを励んでおこなっているのでしょうか?今回は、経営者とスポーツの関係やその理由についてみていきましょう。

経営者がスポーツをする理由

アクティブでいつも落ち着いた的確な判断が求められることが多い経営者にとって、こく一刻と変化するビジネスの動向に対応していくことで常に精神状態を平常心で保ってなければいけません。ときには機転を利かす能力と豊かな発想力も必要になってきます。

経営者がスポーツで体をきたえることの意義は、そのようなさまざまな要素で経営手腕を発揮するための手段のためスポーツを通して精神力や筋肉、脳をきたえていることだといえます。

経営者が選ぶスポーツとは?

経営者が好んでおこなっているスポーツは、何でしょうか?下記にて紹介します。
◯トライアスロン
◯フルマラソン
◯登山
◯ヨガ、瞑想
◯サーフィン

なお、一番経営者やスポーツ選手が多く取り入れているものが瞑想です。参考までにアップル創業者の「スティーブ・ジョブズ」やバスケット、野球選手の「マイケル・ジョーダン」「イチロー」が有名です。

スポーツをするメリット

【体力=精神力】
スポーツをおこなうことで、やる気パワーであるアドレナリンを生成し、それがドーパミンという神経伝達物質に変わります。ドーパミンの主な役割は、運動、ホルモンの調整、意欲、活力、幸福感といった人間になくてはならない物質です。

スポーツで体を動かし汗をかき、ドーパミンの分泌が活発に出ることで脳が活性化されるのです。例えば、フルマラソンを走り終えた選手がよく味わったことのある幸福感に、満たされた感覚や達成感をえるランナーズハイがそれにあたるといえます。経営者にもまたこのような楽天的な気持ちと決断力が必要となる場面もあることでしょう。

経営者とスポーツにおける脳の関係

最近の研究ではスポーツをすることで脳機能が活性化することがわかってきました。経営者がスポーツをすることで脳にどのような変化が起こるのか下記でみていきましょう。

◯ビジネスにおいて正確な判断能力ができるようになる。
◯集中力がます。
◯頭の切り替えが早くなる。
◯プレッシャーやストレスに強くなる。
◯体力がつくため疲労回復が早い。
◯スポーツをすることで脳の機能が活性化し記憶力が向上するため複数の仕事をこなすことが可能となる。

まとめ

経営者がスポーツをおこなう理由は、自分の限界に挑戦し体力をつけるため以外にも精神力(セルフマインド)の強化、維持するための手段や目的でおこなっています。スポーツをおこなうことで心身のコンディションの調整を心がけ、経営において常に高いパフォーマンスを発揮するためにほかなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る