充実した経営者は少ない時間を使って趣味に没頭している?

経営者と言われる人たちはどんな趣味を持っているのかとても気になりますよね?
公私ともに充実している経営者に人気のある趣味についてみてみましょう。

【経営者に人気の高い趣味】
経営者に人気の高い趣味として「ゴルフ」があります。ゴルフはその日の天候、風向きなどを読みそれに応じたクラブを自分で選択し正確なショットを打つというスポーツです。細かい分析をする点や瞬時の判断、決断などの面で経営に似たところがあります。
このようにゴルフは分析力、判断力、決断力、柔軟性などが求められるスポーツですのでまさに経営者にふさわしい趣味と言えるでしょう。

そして経営者に必要な忍耐力や、体力を培うものとして人気なのがマラソンです。適度な有酸素運動は頭の回転をよくし、走りながら新しい発想やアイデアが浮かぶ経営者も多いようです。またマラソンは自分との闘いです。経営者は常に孤独な立場にありますので、マラソンを通じ忍耐力や何にも負けない強い心をもつ事ができるのです。

更に読書も経営者に人気の趣味の1つです。経営者は哲学や経営学などの本を多く読んでいるのかと思ったら以外と人気なのが自伝書で人それぞれの生きざまや、考え方などをそこから学びそれを経営に生かしている人が多いようです。

【趣味にかける時間とお金】
それでは経営者は趣味にどれくらいの時間とお金をかけているのでしょうか?
多くの経営者は趣味に費やす時間は土日が主で、その頻度は週に1~2回が多いようです。また趣味にかけるお金は1か月3万~5万円が平均的でした。
平日は仕事に没頭し、週末は趣味や家族との時間を有効に使っている経営者が多くいてうまくオンとオフを使いわけているのがわかります。
週末には好きな趣味に没頭しリフレッシュをして、また月曜から仕事に集中できるというよい循環ができているのでしょう。

【経営者がしている事】
巨万の富を得た世界的にも有名な著名人がやっている事はそれぞれとてもユニークな事ばかりです。
一例を見てみると、デイズニー社を率いるボブ・アイガーは週末でもいつもと変わらずに早起きしています。それは人間の脳は起床後2時間半後が最もクリエイティブに働くと言われているからです。
この時間に起きてよい発想やアイデアが生まれたらそれを書きとどめて置いたりするそうです。
またアップル創業者のステーイブ・ジョブズ氏は休みの日でも何を最優先して行うか、次にすべきことは何かを考えながら行動しています。
これらは趣味ではありませんが、経営者が習慣にして常にトップである為に意識して行っている事と言えるでしょう。

【まとめ】
成功者は皆ユニークな趣味を持っていたり、人とは違った時間の使い方をしています。
自分の好きな事に没頭し、そのことに集中する事はクリエイティブな発想力とアイデアを生む事に繋がります。ですからこのような時間をもつ事はとても貴重で大事な事だと言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る