経営者も賠償責任保険の加入をおすすめする!加入するメリット

企業の経営者にも賠償責任保険は必要なのでしょうか?賠償責任保険は、個人が他人の財物に損害を与えたり、怪我をさせてしまった場合に保険で補償するものです。会社役員の場合は、これと多少異なる面がありますので詳しくみてみましょう。

【経営者が賠償責任保険に加入する理由】
会社の役員には様々な賠償責任やリスクが存在し、主に下記のような責任が求められます。

・会社に対する責任
役員として注意して業務にあたる責任
会社に対して物を売ってはいけない責任
会社に保証人になってもらってはいけない責任
他の役員を監視する責任

・株主・取引先への責任
従業員が不当な取引を行った場合や、社会的に反する行為を行った場合の責任
会社が経営難に陥った場合、株主に対する責任

・公的機関に対する責任
会社や従業員が法律を犯さないようにする責任、または犯罪行為を行った場合の責任
このように、経営者には様々な責任やリスクがあります。企業のトップに立つ者は、自分自身のミスだけでなく部下がミスを犯した場合にも監督者の責任を取る必要があるのです。

【賠償責任保険に加入するメリット】
上記のような責任に対して補償をしてくれるのが、賠償責任保険です。この保険に加入することでどのようなメリットがあるのでしょうか?

・訴訟費用を賄うことができる
裁判は、勝訴しても敗訴しても争訟費用が必要になりこれは企業にとっても大きな負担になります。
企業の責任を問われ、賠償責任訴訟に発展すると企業は多額の裁判費用が必要になるため、賠償責任保険に加入しておくことで費用の補填ができるのです。
しかし、会社が自社の役員に対して訴訟を起こした場合は保険の適用が受けられませんので注意しましょう。
また、賠償責任保険の保険料が全額損金として経費に計上できるという点も節税面を考えるとメリットと言えます。

【賠償責任保険に加入するデメリット】
一方で賠償責任保険に加入するデメリットもあります。それは、保険に加入していても補償を受けられないケースがあるという事です。
例えば、下記のようなケースでは保険の補償を受けることができません。
・被保険者が犯罪行為を行った場合
・被保険者が不当に利益を得た場合
・被保険者が法律を破った場合
このように、被保険者に何らかの過失がある場合は当然保険で補うことができませんので覚えておきましょう。

【まとめ】
企業の賠償責任保険について理解できたでしょうか?経営者や会社役員の方は特に、会社における責任やリスクは大きくなるため万が一に備え加入をしておくと安心です。

関連記事

ページ上部へ戻る