会社経営の目的

【はじめに】
会社では、色々な目的をもって経営を営んでいると思います。
経営者満足度、社員満足度、顧客満足度を充分に叶える事が理想といえます。
ただ、それ以外にも人間性や社会性を業務と連動出来るのか?みていきたいとおもいます。

【経営者満足度】

・経営理念や方針が社員に浸透している事。
・事業の発展や戦力が向上している事。
・部下や社員から目標にされる。信頼をされている事。
・社会にも貢献できている事。
・会社を通していろいろな分野の方と交流が円満に行われる事。
・社外において、実績が認められる事。

【社員満足度】

・待遇面が充実している事。
・尊敬できる上司・同僚がいる事。
・仕事にやりがいや誇りがもてる事。
・夢や希望が持てる事。

【顧客満足度】

・信頼が出来る事。
・安全性。
・リピーターとなって企業を応援する。

どちらが偏っていても経営に支障が出ると思います。利益という原動力になるものがなければ経営にも支障が出てきますし、社員の教育や環境を提供することもできなくなります。
また、社員がいて、仕事を円滑に進めていく事ができます。顧客の新規開拓を利益に繋げるためには、経営者の理念や方針も大事になってきます。

【人間性や社会性を業務と連動する事が出来るの・・・】

目標を設定する場合に社員に与えるのではなく、申告するという方法があります。
自分で目標を決めるからこそやる気が出る行動目標。
最終的なゴールを評価する結果目標。
この二つを上手く引き出していくには、管理者や上司が社員の目標を達成出来るようにサポートをしていくコーチングをとりいれて目標達成プロセスを充実させる事です。
例えば、コーチングの場合、社員の入社年数や経験値や業績よって目標を見直したり達成可能な目標に導いてあげて、さらに年間目標設定にもとりいれます。
するとやる気や向上心の他にもプロセスの共有ができます。結果目標も達成することで、そのプロセスが結果的に、誰かの励みになったり、感動を与えられたり、最終的に経営者満足度、社員満足度、顧客満足度へとつながります。

【まとめ】

手間や時間をかけて人材を人財にしてとらえる事や、人間性や社会性などと同時に経験を養う事で、利益以外の事や社会にも自然と貢献できるのではないでしょうか。
また、中小企業支援センターや地域中小企業支援センターなど課題の解決や成長発展に関して専門家の意見も聞いてみるといいかもしれませんね。

関連記事

ページ上部へ戻る