経営と簿記の関係性と必要性とは?

簿記の知識を身に着けることは経営するにあたり非常に役立つスキルとなります。最近では便利な会計ソフトもありますが、簿記の知識があまりないのにソフトばかりに頼りすぎると宝の持ち腐れなってしまうこともよくあるようです。今回は簿記の必要性をテーマに紹介します。

■経営と簿記の関係性

経営者はある程度、数字に強くなくてはいけません。お金の流れや資金繰り、財務状況などを把握しなければ経営は難しくなってきます。経営に簿記の必要性が求められるのは、会社や企業として常に金銭の貸し借りが毎日のように行われるので、正確に記憶しておく必要が出てくるためです。

専任の経理担当者が在籍する会社や企業であれば問題はありませんが、ある程度のお金の流れは常に頭にいれておかなければ後々の戦略プランやマーケティング活動に影響及ぼす場合もあります。

■経営と簿記の目的

簿記とは、お金や取引の流れを帳簿に記入することです。会社や企業は日々様々な経済活動を行いますので、その記録をもしも怠ってしまうと現状の売り上げや、今どのくらいお金があるかなどがわからなくなってしまいます。

そのための帳簿記入になりますので、経営に関する簿記の必要性はかなり高いです。もしも経営者や起業家であれば、一連の流れをある程度把握しなくはいけません。少なくとも自社の財政状況と経営成績の数字は常に頭にいれておかなくては、次の戦略プランや未来設計をたてることは困難になってきます。

■かならず必要? 簿記の勉強

先ほど述べたように、専任の経理担当者いれば簿記の勉強は必要ないかもしれませんが、現状のお金の流れや財政状況は把握するためにも、簿記の知識は見つけておいた方がいいとおもいます。

商工会議所が実施する簿記検定、通称「日商簿記」の検定試験は年に3回行われています。
試験内容は基本的な商業簿記や工業簿記に関する試験となっています。

この「商業簿記」の3級を取得することで初歩的な実務がある程度はできるほどのレベルになりますし、経理関連の適切な処理や青色申告書類の作成などもできます。

この「日商簿記」検定は3級でしたら受験費用も2,800円とそれほどの高くない額で受験ができますので、経営や簿記に関する知識を高めたい経営者や起業家の方などは積極的に資格取得を目指してみるといいでしょう。

■まとめ

簿記の知識を高めると後々の戦略プランやマーケティング活動の資金繰りの計算にも役にたつことが多く、簿記に関する検定試験も年に定期的に行われているので積極的に簿記に関する知識を高めてみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る