経営者はなぜ「独身」が多いのか~恋愛でもベンチャーせよ「共感」することからだ~

経営者の本質を見ていくと分かることがある。その1つに頂点(トップ)にいるというような意識があるせいか、相手より上にいる意識が非常に高い「プライド」があるのだ。独身を好んでしているのであれば問題ないのだが、本気で結婚したい、恋愛をしたいと考えているのであれば、ベンチャーしていく以外にないのである。

■経営者の1番の課題は「独身」でいること=「結婚」である

縦社会で生きてきた「野心家の男性経営者」にとって女性は難題以外の何者でもない。そもそも、経営者の女性観は極めて低いレベルのものである場合が多くある。なぜなら、経営目線で女性を見ていく傾向があるからだ。

まるで女性に投資をしているかのように「お金」と「時間」と「エネルギー」を使用して、ことに運んでいくのだが、そうではないのだ。全てが経営と同じようになると考えるのが、そもそもの間違いである。

誰よりも要領よくできても、恋愛に要領など必要ない場合が多い。というよりも、そんなことを考えることがダメなのである。経営者の1番の課題は、結婚と断言してもいい。

経営者=モテモテ=「女性に困らない」というイメージがあるのではないだろうか。実際にそうなのだが、どうして結婚までいけないのか理解できない方が多くいるはずだ。そもそも、女性にモテているのは「経営者」だからであって、その存在(人)を見ているわけではない。

もし、モテモテで女性に困らないので「結婚もすぐにできてハッピーだ」と楽観視しているのであれば、大きな間違いというものだ。金のニオイを嗅ぎ分けて近づいてきている者との出会いがいいのであれば、それはそれで何もいうことはないが。

1つの案として、まともな方との付き合いをするのであれば、経営者を全面に出さずにいるのがいいだろう。それでも付き合ってくれる方は、あなた自身を見ているということになるからだ。

■固定観念を打ち破り、女性にベンチャーする

経営者が独身でいなければいけない最大の理由は、その固定観念にある。恋愛や結婚では上下関係ではなく「共感性」が求められるのに「縦社会」を引きずる経営者は、自分を出し過ぎて相手に合わせる「歩み寄る」という行為ができないのだ。

とくに結婚すると、家庭を支えていくのは女性=「主導権が女性」になる。それを理解できず「ワガママ」を通すと、結婚どころか恋愛の段階で見切りを付けられるということだ。

経営者であるから身軽な「独身」がいいと考えているのであれば、それはそれでいい。経営者であれば、裕福な暮らしができると考えて近寄ってくる女性も多くいて問題はない。

そういう暮らしではなく(経営者という肩書だけではなく)本当に楽しく、人間として生きていきたいのであれば、女性と接する際(人と接する際には)には共感をして「自分だけを見ない」=「経営者の肩書を捨て、女性にベンチャーする」ことが大切なのだ。

会社経営のことや経営者の為の保険のことは、株式会社Monetにお任せください。

関連記事

ページ上部へ戻る