経営管理とはなに? ~目的や課題の改善方法!~

「経営管理」という言葉を聞いたことありますか?今回は、この「経営管理」とはなにか?
会社運営を行う上で、組織が経済活動の促進や目標を達成する為にはどうしたらいいのか?
など、会社の発展や成功を視野に入れた「経営管理」について見ていきましょう。

経営管理とは

経営学者のフレデリック・テイラーやアンリ・ファヨールによると、「経営管理」とは経営目標の達成や経営戦略の遂行を目指して、生産管理や販売管理、人事、財務管理といった企業経営に必要な要素を総合的に統制・調整する活動を意味しています。下記にて細かく見ていきましょう。

生産管理

適正な品質や納期、数量で製品を生産できるように、生産過程を管理する業務全般の在庫の管理や納期、生産計画の策定、工程の進行や製品質の管理、原価管理などの業務を行います。

販売管理

商品・サービスの販売に関する経営管理で、顧客からの受注や出荷、代金の請求、顧客データなどの管理を行います。実施することで、過剰在庫の削減や作業の自動化などを実現でき、顧客の購買データを管理することで商品や顧客を把握でき、新製品の売り上げの増加にも期待できます。

人事・労務管理

労働力(就業者)に関する経営管理で、労働力の最大限活用を目指し、人事管理で労働者と会社との利害関係の調整をし、労務管理で人事選考や採用、賃金、異動、社会保険、労働組合などに関する運用管理を行います。

賃金管理や採用などは人事・労務管理は会社経営に不可欠で、特に賃金や福利厚生は従業員の生活にも影響しますので慎重にする必要があり、会社の長期的な業績向上に人事・労務分野は重要です。

財務管理

財務(ファイナンス)面から企業経営を支える経営管理の業務で、資金調達の計画策定や実行、資産運用、合併と買収計画の実行、資本政策などを行い、資金の調達・運用により企業価値の向上を目指すことにおいて、財務管理は欠かせません。

経営管理の目的

企業が掲げる将来の計画設計に沿って、部門や関連企業、従業員などの方向性を統一することで行動意欲を向上させ、実行することを目的としています。

経営管理(方向)

戦略を立案し投資しても、方向が同じでなければ意味がなく、社員の方向性を業績評価指標(KPI)に設定して目標に向けて努力することが大事です。

経営管理(実現)

毎日の働く時間に達成される受注額などを設定して、目標や計画を実行に移し実現します。

経営管理システムの導入

経営管理用の基幹システムは連携しにくい課題がある為、会計、調達、プロジェクト管理、製造などの日々の業務を管理するために、システムを統合する「経営管理システム」の導入を検討する必要もあるかもしれません。

まとめ

会社組織の経済活動促進や効率的な目標達成の為に、経営企画で決められた計画に基づく適切な機能管理をしますが、合併や拡大化によって企業規模が大きくなると、出てくる問題も多くなる傾向にあります。「経営管理」が抱える課題をクリアしながら、今後の対策を練っていくことは会社の業績を向上させるためにも大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る