経営戦略と営業戦略を、経営者はどう扱う

会社を経営する為には、利益を上げなければなりません。その為には、経営戦略であり、営業戦略が必要となってくるのです。経営者がその役割を理解した上で、会社を導かなければならないのです。

経営戦略は会社の目標に向かう事

経営戦略はどちらと言えば、経営陣による理念から成り立つ、会社が求めるべき目標なのです。会社の経営陣は、その目標を達成させる為に、全社員への方向性を定めて会社として進むべき事業に対する支持を伝えて実行する事です。

しかし、理想だけでは利益を得る事は出来ませんので、具体的な方針を社員全員で共有させる必要があるのです。会社の規模によって、営業の方法は異なってきますので、資金源や企画、実行力などによって方向性を決めていくのです。

営業戦略は具体的な方法で達成する事

経営戦略が決まれば、その目標を達成させる為にはどうすれば良いのか、部署やチーム単位で具体的な計画と実行する方法を考える事が、営業戦略に必要な事です。

会社の利益を上げる為には、営業力は重要な部分になります。商品やサービスの売り込みやマーケティングなど、実際に売り上げに結びつく方法でなければならないのです。限られた資金や人数に対して、効果的な方法や効率の良い方法も営業戦略の1つです。

具体的なセールスの方法

 ・今期の販売目標の設定
 ・主力とする商品の選定
 ・重点対象とする顧客層とそのニーズの明確化
 ・販売ルートなどの販売方法の策定

経営戦略の種類

経営には段階による戦略が必要になってきます。

【1.企業戦略は会社の始まり】
経営に対する理念やビジョンは、会社が起業した段階で出来ているものです。会社が何によって利益を上げるのか、その利益によって社会に何をもたらすのか、会社のあるべき姿を打ち出すものです。会社のゴールを決める事で、会社全体の進むべき道しるべとなるのです。

【2.事業戦略は収益方法】
ビジネスモデルとして、「どのような方法で何を提供して利益をえるのか」などの具体的な営業戦略が、この中に含まれます。販促活動やプロモーション活動など、営業の基本とすべき内容を決定するのです。

【3.機能戦略は有力商品のトータル戦略】
商品を売るだけでなく、商品開発や生産事業や物流に至るまで、商品やサービスの提供方法まで、機能別の戦略を考える事を必要とします。会社の収益を具体的な数字によって財務などが戦略として、足りない部分や力を入れる部分などを数字から読み取り予測する事や目標達成の判断によっては、経営方針の変更や修正が必要になってきます。

まとめ

経営者は、経営の重要性と具体的な営業方針を決定する事で、会社を健全に運営する必要があるのです。戦略が完璧であるべきですが、顧客や消費者、あるいは取引相手によって、必要とするものや求めている事に対して、積極的に対応する行動力も重要なのです。

関連記事

ページ上部へ戻る