成功した経営者にみられる共通点とは

今やネットビジネスが普及して、誰でも簡単に経営者になれる時代となりました。しかし、そのような時代だからこそ、経営者でも成功する経営者と失敗をする経営者に分かれるのです。経営者なら、せっかく立ち上げたビジネスを簡単には終わらせたくないという思いがあることでしょう。そこで今回は、成功する経営者にみられる共通点をご紹介しましょう。

判断力と決断力に優れている

経営者に求められる仕事の代表格は「判断」と「決断」です。経営者は物事を判断し決断をしたことに対して、その正否を常に検証するのです。これが会社の最高責任者である経営者への求められる仕事であり、会社経営を成功に導く法則でもあります。

会社を経営するうえでの判断の基準は、人により異なりますが「直感」「損得」「経験値」「数字」をもとに判断するケースが多いのではないでしょうか。成功をする経営者というのはその判断力と、判断したことを実行する決断力が優れているのです。

人付き合いが上手

経営で成功する人は良い意味で”人たらし”で「一緒に仕事をしたい」と思わせるような人が多いのが特長です。仕事などでの人脈はもちろんのこと、先輩経営者との付き合いなども色々な話が聞けることからメリットも多いのですが、ジムや趣味を通しての付き合いに重きを置く方もいらっしゃいます。そのような人は人間的な魅力あふれていることから、経営者として成功するのは必然なのです。

変化に強い

人は人生を毎日平凡に過ごせることに安心感をおぼえますが、そうはいかないものです。そのように会社を取り巻く経営環境にも様々な変化は訪れます。経営環境の変化は、経済・人材・取引先・商品・ユーザーと数え上げるとキリがありません。

成功する経営者は、このような経営環境のわずかな変化を見逃すことなく、適応した采配をくだすことができます。

数字に強い

経営の成功に欠かせない経営能力は多岐にわたります。経営者の経験と体験・思考力と判断力・実行力・想像力や客観力・分析力と数字力など、求められ力は多いものですが、とりわけ数字力は会社の業績を左右する大きな要素をもっています。

会社の数字を無視した経営者は、目隠しで車を運転しているドライバーのようなもので、どんなになれた車、どんなになれた道であっても目隠しで事故なく運転をすることはできません。数字力なくして会社経営の成功はあり得ないといっても過言ではないでしょう。

謙虚である

成功した多くの経営者は口をそろえて「経営者は謙虚でなければならぬ」とおっしゃいます。例えば、謙虚である人は自分自身が褒められたり評価されたりしても、相手をあなどったり相手に対して無礼なことをしません。

また、謙虚な人は聞き上手です。自分の話しばかりせず相手に耳を傾けることを優先し、人の意見を必ず尊重します。

このような謙虚な経営者ほど、社員との関係も良好で取引先などの外部の人からの反響も良いものです。経営者の謙虚さは会社経営のあらゆる方面に良い影響を及ぼすのです。

まとめ

経営者とは、経営に責任をもつことが重要な仕事となります。その内容は決して簡単なことではありません。しかし、経営者に求められるものはビジネスの力だけではなく、人間力でもあるのです。経営者として成功するためには人間的な魅力を磨き上げることも重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る