経営者の適性とは?

経営者に必要な適性とは何だろうか?経営者になるために自分がその適性に当てはまるのだろうかと考える人もいるでしょう。そもそも、適性とは何かを踏まえて経営者に必要なものを見ていきましょう。

適性とは何か?

適性とは?と聞かれて思い浮かべるのは、「適性」と「適正」の二つがあります。あえて、ここではこの二つを比べながら説明していきましょう。どちらも、同じ読み方をしますし「適」という字は適している・当てはまる・相応しいという意味で使われます。

〇「適正」=読んで字のごとく、正しく適している。物や事象といったものに相応しく物事が適当でありかつ、正しい事を表しています。妥当である、正しいといった意味を持つ言葉となります。

〇「適性」=能力や性質・性格といったものに相応しく、合う・合致・相性・向き不向きなどを表しています。その性質が、その分野やその事に適していることをいいます。それぞれの個人にその人にあった性質や資質・性格・能力などが、相応しいかどうかという場合に使用される言葉といえます。

経営者に必要な適性

経営者に必要な適性とは何か?とても気になるところです。しかし、適性を説明したうえで申し上げると、個人の性質や性格・能力が「経営に対して向いているか?不向きであるか?」は、判断をすることが難しいといえるでしょう。

経営についても様々です。個人での経営、中小企業・大企業・とそれぞれの適性があるでしょう。経営者にも色々なタイプがあり、一概に向き不向きを判断できないのです。また、現実的には、適性が当てはまっていても必ず成功するわけではないという事です。

この事から見ても、わかるようにやってみなければ、わからないのです。では、何も指針がないのか?というと、適性もあるように資質が備わっている、もしくは備われば経営者として必要なものがあるという事になるでしょう。

経営者の資質

経営者としての備えておきたい資質とは、いくつか見ていきましょう。

〇会計や金融経済の知識
経営者として、これほど役に立つ知識はないと言っても過言ではありません。経済や会計の知識は直接、会社の経営に関わるものです。

〇人脈
地域や経済・市民の中のリーダーなど、影響力を持つ相手との人脈を広げておくべきです。また、その人達に限らず沢山の人脈を持つことで様々な場面において手助けや助言をしてくれる人が必ずいるはずです。

〇向上心
これは、経営者に限らず必要なものですが特に経営をする立場の者が向上心を持っていなければ会社は成功するはずがありません。チャレンジすること、また厚かましいぐらいのアピールや押しも時には必要です。

〇柔軟性
経営をするうえで、会社にとってピンチに陥ることもあるでしょう。その時に、会社の事業計画に固執するあまり方向転換しなければならない時にできずにいて失敗することもあるでしょう。しかし、いつでもその状況に柔軟に対応することができれば乗り切ることが可能です。

〇見通す力
経営者にとって一番重要な仕事は会社の将来を考えることです。次に何が起こるか?を常に考えておかなければなりません。先を見通す力を持っていなければなりません。

まとめ

経営者に必要な適性=資質について見てまいりましたが、その他にも沢山の資質が必要だと思います。それぞれの経営に必要な資質を見極め、備えて行くことが大切です。。

関連記事

ページ上部へ戻る