自社の現状と理想を埋める経営戦略とは?

自社の人材や財務状況、営業力など把握したうえで、市場動向や社会状況を分析し、自社にとって最適な経営戦略を探求し、実践し続けることが経営者の使命でもあります。経営の不確実性が増している昨今、企業は持続的成長を遂げるためにさまざまな経営戦略を打ち出さなければ振り落とされてしまいます。今回は、経営戦略とはどういうものなのかをご説明しましょう。

戦略と戦術

経営戦略とよく混同されがちな経営戦術という言葉があります。経営戦略は、企業が持続的に競争に勝っていくための基本的な考え方、方向性を示すものであるのに対して、経営戦術は、経営方針を実現していく具体的な施策であり、戦い方そのものです。

昔は、企業を巡る環境が変化しても、戦術の変更で何とか対応できました。価格を下げたり、サービスを強化したりすることで耐えることができたのですが、近年の環境変化の激しさには、戦術の変更だけでは生き残っていくことは難しいとされています。

そのため、市場動向や社会状況、自社を取り巻く環境を今一度調べ直し、戦略から見直すことが重要とされています。

強みと弱み

今、存続している企業は必ず何かしらの強みを持っています。経営戦略を立てるためには、まず、その強みを意識化する必要があります。なぜ他社ではなく自社なのかを把握するのは簡単なことではないので、可能であればアンケートなどを実施しても良いでしょう。

強みを知るのはそれぐらい価値のあることなのです。逆に、どの企業も成長にブレーキをかける弱みも持ちあわせています。経営戦略は、強みを維持または強化し、弱みを減らしていくという方法で策定することがもっとも重要です。

経営戦略が求められる必要性

現代市場では、未来に向けて、自社がどのように成長していくかのシナリオを、どのように描いていくかという経営戦略がこれまで以上に問われてきています。たとえば、政治・経済的な状況においての動向、事業を展開するうえで関係する顧客や取引先、競合の状況、経営資源の状況なども含まれます。

近年では、グローバル化の進展やITやAIの普及、顧客や消費者が企業に求めるサービスの多様化、また、これまでは参加していなかった業界が入り込むことにより、競争環境の激化など、目まぐるしい変化や不確実性が一段と増しています。そのようなことから、これらからも、経営戦略の必要性が高まっていくと考えられるでしょう。

経営戦略のキーマンは経営者である

経営戦略には「全社戦略」「事業戦略」「機能戦略」があります。全社戦略は会社全体に及ぼす戦略であり、組織・風土変革・財務戦略など会社全体をドライブする戦略です。

事業戦略は、事業レベルで必要となってくること指します。実際のサービスや商品をどのように発展させていくのか、顧客の満足度を上げるためにどうしたら良いのかなどを講ずる戦略です。

機能戦略は経営を支える研究開発、製造、物流、営業などの特定機能組織の個別戦略です。
戦略はピラミッド構造とよく言われますが、上位の戦略は下位の戦略に対して大きな影響を持ちます。

まとめ

企業が目指す方向性を再検討し、それに向けた経営戦略を展開していく、このようなビジョンと実践が企業の発展には必要なのです。自社の経営のあり方を今一度振り返り、事業を発展させていく心構えが重要です。

関連記事

ページ上部へ戻る