経営者がストレスに打ち勝つ為にすべき事

経営者には、ストレスがつきものです。大きな決断をする場合や会社の危機を乗り越える場合など、ストレスを受ける事になります。しかし、会社を経営する為には、ストレスに打ち勝たなければなりません。会社の経営者が、ストレスに対処する為の考え方について紹介しましょう。

決断力とストレスの関係

経営者の場合は、1人で判断する場合や決断を求められる場合が多くなります。ほとんどの場合は、1人で悩む事がストレスの原因となってくるわけです。しかし、経営者に迷いがあると、会社の行く末に影響を及ぼしかねません。ストレスが決断力に悪影響をもたらす可能性があるのです。

このような場合のリスク管理として有効と思われるのはメンタルヘルスの実施です。その取り組みを通して、ストレスに対抗できるようになるでしょう。

ストレスを認識する事

経営者といえども人間です。悩み事を抱えストレスを感じる場合もあるでしょう。しかしストレスによる症状をいち早く察知する事で、対応できる場合があります。まず大切なのは、自分自身のストレスからくる症状を認識する事です。

例えば、イライラする事が増える場合や、語気が強くなる場合があります。
また、明らかに強いストレスを感じている事が原因で、疲れやすい、考え過ぎて眠れない、など様々な体調不良を引き起こすケースも見られます。

精神的な影響を受ける事で、怒りっぽくなる事もあり、落ち込む場合もあります。それが体調面にまで悪影響を与える事になるので、要注意です。ストレス対策の始めのステップとして、ストレスによって生じる自分自身のメンタルおよび体調の変化に気づく事が重要と言えます。

ストレスへの対処法

ストレスを認識する事で、メンタルヘルスなどの対応を行いストレスに対処できるようになります。

1.生活習慣を改める事
健康を保つ事により、ストレスに打ち勝つ事が可能です。生活習慣を規則正しくする事で、健康な体を維持できます。ストレスに結びつく負のイメージを取り払う目的としても有効と言えるでしょう。タバコでストレスを解消するのは、逆効果です。タバコや飲酒によって体調に影響を及ぼし、判断力まで鈍らせる事になります。規則正しい生活は、身も心も軽くする効果が期待できます。

2.独自のストレス解消法
個々に合わせた気分転換を見つける事です。趣味による気分転換も大事です。時には一休みして、仕事でたまったストレスを自分の好きな趣味で発散できれば、良いストレス解消となります。
また、いままでやりたかった事に挑戦してみたり、気晴らしになにか新しい事をやってみたりするなども有効でしょう。気分を上げていく事で、前向きなり、ストレスに打ち勝つ事ができます。

3.発想の転換でポジティブに考える事
ビジネスにおける失敗や損失は、学びを得たものと考えれば、次のチャンスに活かす為の経験と受け止める事ができます。マイナス思考ではなく、経験と学びによって成長できる為の材料として、前向きな考え方に変えていく事が必要です。仕事の失敗は、次に活かす事ができます。完璧にできなかった場合でも、「これだけ頑張れたので、次は今回以上の成果が期待できる」など、ポジティブに考えると良いでしょう。

4.専門家に相談してみる事
精神的な悩みのケアを行う場合には、専門家などの相談窓口の利用も効果が期待できる方法です。人と話をしたり、悩みを打ち明けたりして、ストレスのメンタルケアを行いましょう。

まとめ

経営者がストレスに打ち勝つ為の対処法を紹介しました。人間ならば、ストレスを受けるのが当然の事です。しかし、ストレスを感じた場合には、それぞれに合った対処方法を実践する事で、ストレスを乗り越える事ができるようになります。イライラする前に、ストレスと上手に付き合う事が、リスク管理につながるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る