経営者が陥りやすい病気

経営者は普通のビジネスマンと比べて、心の病にかかってしまう確率が非常に高くなると言われています。従業員の生活や会社の経営といった責任感から、うつ病や双極性障害にかかる方が多いです。ここでは健康状態を維持し、経営者の方が精神疾患を患う前に対策できることや、健康経営のためのノウハウをご紹介します。

健康状態を維持するためにできること

自分を含めた社員の健康を維持するには、できるだけ残業時間を減らす必要がありますが、それだけでは仕事の進行具合が悪化し生産性が低下してしまいます。生産性を維持した状態で健康管理を行うには仕事の効率化が重要なファクターになります。

業務マニュアルの整備

大した仕事内容ではないという理由で、古いままの業務マニュアルで作業していると、「細かい工程が抜けている」「自己流になる」など、業務の遅延が出るだけでなく品質にばらつきが出る原因に繋がります。定期的にタスクを実行する社員の意見を取り入れ、作業の効率化と必要のない工程を見直すことで、最新の状態のマニュアルを維持することができます。

コア業務への投資

投資における一番大事なことは、少ない投資で最大限の成果を引き出すことです。そのためには企業が一番力を入れている業務(コア業務)に対し投資を集中させましょう。

モチベーションや信頼関係の維持

社内の雰囲気や人間関係は、従業員の作業効率に直結します。普段のコミュニケーションや相談や会合の場を設けるなど、社員同士の信頼関係を築ける環境を整えましょう。

RPA(Robotic Process Automation)の採用

RPAとはAIが人間の行動をシミュレートしビジネスプロセスを実行する技術のことです。
毎日のルーチンワークをこなす時間をプログラムに任せることによって、その分の時間を重要な仕事に充てることができます。

スムーズな導入と他のアプリケーションとの連携や、利用する部署によって使い方を変えられる拡張性、安心のサポート体制を重視して運営している企業が多数参入しています。

仕事以外の生きがいを見つける

大半の経営者の方は仕事が人生のすべてになってしまっている方が多く、日々の多忙な生活からストレスを貯めがちになってしまいます。早朝のマラソンや趣味など仕事以外にも楽しみを作ることで、張り詰めた生活のガス抜きになります。

相談ができる

経営者は、皆からトップとして信望を置かれなければならないという重圧が常にかかっています。こういったストレスを解消する方法は、弱音を吐く場所を準備しておくことです。

まとめ

会社の仕事を効率化することでゆとりが生まれ、ほかの生きがいや「見本でならなければいけない」という自尊心を捨てることで心の病気に罹る可能性はぐっと下がります。一度精神疾患を患ってしまうと症状を和らげる治療方法しか現在は確立されていません。健康あっての社会活動ですので、古い固定観念にとらわれず、最新の技術や考え方を積極的に取り入れ、働きやすい環境を構築していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る