活躍する経営者は早起きを習慣にしている

早起きすると何故か得した気分になります。清々しい朝の草木から新鮮な空気を身体にいっぱい取り込むと頭もスッキリとしやる気が湧きます。活躍する経営者は早起きしていることと知れば、成功する人は早起きを習慣にしているのがわかります。早起きについてみていきましょう。

早起きは三文の徳

ことわざ辞典の有名な言葉で、「早起きは三文の徳」ということわざがあります。意味を解説すると、朝早く起きれば健康にも良いし、それだけ仕事や勉強がはかどるので得をすること、わずかでも得るものがあること、朝寝を戒める意味では、夜型生活を改めて毎朝早く起きる生活を続けることでとても体調が良くなることなど、早く起きると良いこと尽くめであるという意味になります。

正しい睡眠の知識

日本は、「国民総寝不足の状態である」と睡眠医科学研究の方が語っており、人は一日に何時間眠ればいいのか、睡眠量での実験を行い次のように話しています。

〇必要な睡眠量はほとんどの人で6〜8時間、連続して取るのが理想
〇朝型/夜型は遺伝子で決まっており、年齢でも変化する
〇平日と休日の睡眠時間が、2時間ちがっていたら睡眠負債の疑い
〇睡眠不足は肥満・生活習慣病などの不安を高める
〇寝不足の場合、昼寝が効果的なのは事実

必要な睡眠量は年齢によって変わります。中学生くらいの年齢なら8〜9時間ほどですが、20代後半ぐらいになると平均7時間ほどに落ち着いてきます。それを前提に多くの研究者が同意しているのは、大多数の成人にとって必要な睡眠量は6時間から8時間位だと言う事になり、6時間以下で充分という人は、殆どいないと言っても良いと思います。ゼロではなく、100人に1人いるかどうかの割合です。

成功者の多くは朝型人間が多い

活躍する人や経営者は早起きの習慣を自分なりに作っています。元アメリカ合衆国大統領オバマ氏は夜型にもかかわらず、早く起きて時間ができたら運動をするのではなく、意識的に朝に運動の時間を確保していたようです。

アップルの創業者スティーブ・ジョブズ、ウォルトディズニー社のロバート・アイガー、女優のグウィネス・パルトローなどは朝型人間ではないけれど、自分には厳しく、早起きを決めてやっています。

早寝早起きの為に夜の過ごし方を改善する

朝起きるのが辛い人は、就寝時間前の過ごし方が関係しています。夜勉強している、仕事をしている、本を読んでいる、テレビを見ているなど、早起きしてもできることを夜の時間に行っています。

夜だらだら過ごす人は沢山いると思いますが、朝の時間をだらだらと過ごせる人は少ないと思います。

勉強や仕事でも夜寝る前、一日の疲れが蓄積された時にやるよりは、朝目覚めた時が一番脳の疲労がないので効率が良く、夜は、夜しか出来ないことをすると早起き生活に転換できるようになります。

夜にしか出来ないことは、星を見る、夜景の写真を撮影、友人とお酒を飲むなど考えてみても結構少ないものです。

成功する経営者にとっては、日中は仕事がいっぱいで夜も仕事や会合など絶ちがたい関係の中にいます。それでも経営者として自分を高めるために勉強や健康維持のため体を鍛える時間に充てるなど、経営者にとっては朝の時間はとても重要なのです。

まとめ

早起きは経営者や成功者だけに出来るのではなく、自分のちょっとした努力や意思があればできます。早起きは健康にも良く自分の徳やメリットがたくさんありますので夜遅くまで起きないようにし、早く寝る習慣を付ける様にしたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る