経営が安定したら法人保険を利用し福利厚生に加入しよう

会社の経営が安定すると従業員の福利厚生にも力を入れたいものです。福利厚生が充実すると従業員がやる気を出す原動力にもなりますし会社がより大きく成長する良い循環を作る為、優秀な人材も集まりやすくなるでしょう。
ここで法人保険を利用した福利厚生についてみてみましょう。

【福利厚生を保険で整える】
福利厚生の中でも特に効果的なのは医療費と退職金の充実です。退職金制度によって従業員の老後の生活を会社がある程度準備してあげる事ができれば従業員は安心して長く働くことができ、老後への不安も軽減されるでしょう。
医療費についても会社が負担する事で従業員の健康管理を行い働きやすい職場を提供する事ができます。
これらのお金を投資や資産運用で賄うのはリスクがあり、現金や預金で賄おうと考えると多額の赤字を計上してしまうリスクがあります。
しかし法人保険を利用すれば効率的に必要なお金を準備する事ができます。

【福利厚生プラン】
養老保険は役員、従業員を被保険者として法人が契約する保険で満期までに被保険者が死亡すれば死亡保険金が支払われ満期まで生存していた場合には満期金が支払われます。
このように被保険者が生存していても亡くなっていても必ず保険金が支払われる為保険料は高額になりますが、満期保険金や途中で解約した場合の解約返戻金を従業員の退職金の財源にすることができます。
会社が養老保険に加入する場合はこのように満期まで従業員が生きていた場合会社が保険金を受け取り従業員の退職金に充てられる「福利厚生プラン」というものに加入する事をお勧めします。
ただし加入の際には福利厚生規定を作成し一定の条件を満たした従業員すべてを対象にしなくてはいけない為注意が必要です。

【福利厚生養老保険に加入するメリット】
会社が複利厚生養老保険に加入するメリットとしては下記のようなものがあります。
・保険料の半分が損金にできる為、お金を効率的に積み立てる事ができる。
・従業員に万が一の事があった場合その家族が死亡保険金を受け取る事ができる。
・会社の経営が危なくなった場合解約をして予備資金に充てる事ができる。
・契約者貸し付けが利用できる。
また養老保険に加入していた従業員が途中で退職する場合にはその従業員の分だけ保険を解約して解約返戻金を受け取る事もできます。このように会社が養老保険に加入するメリットはいくつかありますのでそれぞれについてしっかりと理解しておきましょう。

【まとめ】
会社が養老保険に加入する為には「福利厚生規定」を作成する必要があります。福利厚生規定を作成しておかなければ保険金の受取時に従業員や遺族とトラブルになったり、税務調査が入った時に福利厚生目的として認められず損金に算入することができないケースもあります。
このような事のないように事前に福利厚生規定しっかりと作成し管理しておく必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る