優秀な経営者には備わっているマネジメント力とスキルアップ力

経営者は、どんな場面でも結果を求められる立場にあります。そこで、結果を出している優秀な経営者が持っているマネジメント力などについてどのようなものがあるのか詳しく見てみましょう。

【経営者に必要なマネジメント力】
経営者は、部下に対してその能力を高め上手に管理しながら費用と時間をできるだけかけずに、目標を達成させる力が必要になってきます。
その為には、経営管理的なスキルと伴にコミュニケーション力や、交渉力などのスキルも含めたマネジメント力の向上が重要になってくるでしょう。
マネジメント力を向上させるためには、自社で必要とされる専門スキルは勿論ですが、財務、マーケティング、研究、開発や、関連する他の部署の現状を把握しておくことも必要でしょう。
また、職場内の人間関係の調整や、部下とのコミュニケーションも重要になってきます。

【成果を妨げられる原因】
しかし、どんなにマネジメント力をつけても経営者が成果を出せない場合もあります。
この原因として下記のような事が挙げられます。
・時間を他の事に取られる
経営者といえども組織に所属しており、ある程度の地位にある場合時間を他人に取られる事がしばしばあります。
その為経営について、じっくりと考える余裕やたまった業務をこなす時間を確保するのが難しくなります。
・雑務に追われる
また、企業規模が小さいほど様々な雑務を経営者自らが行う機会が多くなり、日常業務に追われるリスクがあります。
・外部への関心の欠如
組織に属していると内部への関心は高まりますが、外部から離れている分成果を妨げられる場合があります。

【経営力を付ける為の意識】
では、経営者はこのような状況に対して、どう対処していけばよいのかを考えてみましょう。
まず、経営者自身がどのような事に時間を多く取られているかを認識しましょう。
そして、自身が行わなくても済むような雑務については従業員に任せるなどして、経営についてじっくりと考える事ができる時間や場所を確保する事が大切です。
そして、自身が関わっている経営についてどのような形で社会貢献ができるかを考えてみましょう。
また、仕事に優先順位を付け最も重要な事から手を付けていくようにしましょう。
どのような優秀な人でも、同時にいくつもの事を成しえる事は難しいですし、このようなやり方をしている人は成果も上がりません。
これらの事を念頭におき、経営者はマネジメントを行っていく必要があります。

【まとめ】
経営者は、マネジメント力を向上させる為に常に努力をしなくてはいけません。
そして、部下一人一人のモチベーションを上げて、それを保てるようにするのは経営者の重要な役目でもあります。
日常的にマネジメント力を磨き、いつでも経営に活かせるようにしておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る