企業が経営コンサルタントを雇うメリットや得られる成果は?

経営コンサルタントに仕事を依頼する場合、オーナーが最も重視する点は「コンサルタントに頼むと何をしてくれるのか?」「どのようなメリットがあるのか?」ということではないでしょうか?
そこで、コンサルタントに依頼するメリットや、コンサルタントを活用する目的などについて詳しくみていきましょう。

【コンサルタント活用の目的】
日々の業務に追われている経営者は自社の生産効率や営業効率以外に、自社の問題点に目を向ける余裕がないのが現状ではないでしょうか?
そのような環境で、経営コンサルタントを活用する場合、社内外の問題点の洗い出しや、問題への対応をすることができます。
一般的には企業が経営コンサルタントを活用する目的として下記のようなことが挙げられます。
・経営管理やビジネスで企業が抱えている問題を解決するため
・新たなビジネスチャンスを探すことで、企業の飛躍を目指すため
・従業員や経営陣のモチベーションをあげて業務効率をあげるため
・新しい変革を実施することで、合理化と付加価値の向上を目指すため
などが主な目的となります。

【コンサルタントに頼むメリット】
では、実際にどのようなメリットがあるのかみてみましょう。

・情報を整理することができる
コンサルティングのメリットとしてまず、自社の情報を整理し見やすい状態にすることで自社の問題が明確になるという点があります。
情報は社内にありますが、コンサルタントによってそれを意味のある形に整理し、論理的な思考力やツールを使って可視化することができるようになります。

・外から見る事で気づかされることもある
自分達の中では当たり前のことでも、外部の人間から見るとそれは非常識なことであったり、問題であったりする場合もあります。
このように顧客の側から考えると当たり前のことであっても、売る側からすれば常識ではないなどという事は市場では往々にして起こることなのです。

・専門家としての意見を聞くことができる
コンサルタントは、マーケティングだけでなく、財務、会計、生産性の向上など幅広い分野についての知識を持っています。
これらの知識を活用し、自社の大幅な改善や新しい提案をすることが可能になります。
自社の問題を解決する為には、信頼できるコンサルタント選びが重要になります。その際には、経営コンサルタントの国家資格ともいえる「中小企業診断士」の資格を持ったコンサルタントに依頼するとよいでしょう。
都道府県等中小企業支援センターなどに相談して、国家資格を保有しているコンサルタントを探し、自社の問題を解決し企業の更なる飛躍を目指しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る