経営データ分析は何故必要なのか?データ分析の重要性

分析技術やビジネスにおけるAIの参入などを受けて、今後も更にビジネスにおける経営データ分析は重要性を増してくると予想されます。データ分析はなぜ必要なのか、またその重要性についてみていきましょう。

【データ分析とその必要性】
ビジネスにおけるデータ分析とは、簡単に言うと下記のようになります。
・データを集める
・データを集計する
・データを分析する
主にこのような手順で進めていくのですが、なぜデータ分析は企業経営に必要なのでしょうか?
ビジネスにおいて、重要だと言われるのが、勘と、経験と、度胸の3つですがこれらだけに頼りビジネスを進めていくのは大きな不安があります。そこで、必要になるのが自社の経営状況などを正しく把握するための「経営データ分析」です。自社の経営状況を知る事で、自社の強みや、弱点、問題点などを知ることができ企業の更なる発展を目指すことができるのです。

【経営分析の種類】
実際に経営分析にはどのようなものがあるのか、みてみましょう。

・顧客に関する情報分析
自社にどのような年齢層の顧客がいるのか、性別や顧客の満足度、リピート率、どの層からの売り上げが最も多いのかなどを把握することができます。
顧客情報の分析は、一般的にシステムに登録してある顧客情報や、販売管理システムなどから分析をします。

・自社の業務に関する情報を分析
売上高や、利益率、特に業績のよい店舗、部門はどこか、反対に業績の振るわない店舗や部門を把握することができます。
このような業務分析では売上データ、営業活動データ、販売データなどを利用して分析することができます。

・社内の状況などを分析
業務が効率的に行われているか、経営を圧迫している要因はどこにあるのか、従業員の会社への貢献度、在庫の状態などを分析することができます。
このような社内の状況を分析するためには、営業活動データ、業務記録、在庫管理データなどを利用することになります。

【データ分析で重要になること】
今後も更に加速する情報化社会へ向けて、データの分析は様々な分野で重要視されるようになるでしょう。
データ分析の結果を企業経営に、活用するためにはデータの収集方法、蓄積する仕組み作り、それらの分析結果を活用するための方法などを習得する必要があります。
近年のように、変化が大きく多様化するビジネス環境において資本力や、企業規模だけでなく分析力も企業経営の勝敗を左右する大きな力となっているのは間違いありません。

関連記事

ページ上部へ戻る