企業の労働問題解決の手助けとなる?経営コンサルタントとは

近年、日本の社会でもさまざまな労働問題が発生しています。例えば、非正規雇用者の増加、セクハラ、パワハラ、過酷労働、残業代の未払いなどがあります。
これらの労働問題を迅速に解決するためには、経営コンサルタントへの相談が大切になります。

 

【経営コンサルタントの役割】
経営コンサルタントとは、企業の問題の危険度を過去の経験から判定し最適な提案をする人のことを言います。
労働問題には、既に顕著化しておりすぐに解決をする必要があるものと、今すぐに解決をしなくても将来のために予防しておく必要があるものがあります。
コンサルタントの主な役目として、クライアントである企業全体のパフォーマンスを向上させることがあります。
コンサルタントは、企業の現場での生の実態を調査し問題を突き止め、それに対する戦略を立てて提案します。また、経営者に企業に発生する問題の答えを教えるのではなく、それに対して自ら考え、成長することに重きを置いています。

 

【経営コンサルタントは裏方の仕事】
経営コンサルタントは、決して表に立って活躍する華やかな職業ではありません。どちらかというと、企業を影で支え、経営者の手助けをする裏方の仕事と言えるでしょう。
またコンサルタントを辞書で調べると、「意見を聞く」「相談をする」という言葉が出てくることから、銀行の預金相談や、保険の相談などでもコンサルタントと呼ばれることがあります。
しかし、本来はコンサルタントとは戦略家であり、経営戦略コンサルタントという意味合いの方が強いでしょう。
経営コンサルティングは、企業の戦略ノウハウを伝授する役目を担い、営業戦略、マーケティング戦略、IT戦略などがあります。

 

【コンサルタントは企業の労働問題も解決してくれる?】
コンサルタントは、企業の労働問題についても解決の手助けをしてくれます。例えば、従業員との賃金トラブルが発生した場合や、スキルの低い社員をリストラしたい、雇用環境の改善、社員の育成などに力をいれたい、経営者が従業員からパワハラで訴えられた場合などその範囲は多岐にわたります。
特に近年は従業員から企業や経営者が、訴えられるケースが増加しています。従業員とのトラブルが訴訟に発展すると、企業イメージの低下や企業経営にも影響がでる恐れがあります。
訴訟に発展する前に、早期解決策方法のアドバイスをもらい問題解決の糸口にしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る