儲かる経営者と儲からない経営者とは?儲かる社長の共通点

経営者には儲かる経営者と儲からない経営者の2通りのタイプがいます。儲かる経営者の特徴を見てぜひ自社の参考にしていきましょう。また儲からない経営者の特徴も知っておく必要があります。

【儲からない会社や経営者の特徴】

儲からない会社や経営者には、下記のような特徴があります。

・社内が乱雑でどこに何があるかわからず、整理整頓ができていない

社内が乱雑になっていると外部から来る取引先の人や、お客様に対しての印象は悪くなります。また、従業員や経営者自身も売上や利益率などを調べる際にすぐに資料を取り出すことができず仕事がスムーズに運びません。

・単価や利益率が低い

中小企業や零細企業は、単価や利益率を極端に低く設定して大企業と闘うことは無理があります。自社にあった適正価格で仕事をし利益を上げることを考えなくてはいけません。

・顧客や取引先、融資先と信頼関係を築く

自社ブランドを世の中に広く伝える場合、広告は有効な手段ですがあまりに宣伝費をかけすぎると経費がかさみます。一番の宣伝は顧客の口こみであることを忘れずにお客様を第一に考えて商品を販売しましょう。
また、顧客以外にも取引先や融資先も企業の印象を左右する大切な存在です。毎月遅れずに返済を行うこと、決められた納期を必ず守ることは信頼関係を築く上で重要です。

・経営者だけが働いている

社長がほとんどの仕事を一人でこなしている企業もあります。これは反対に考えると、社長以外に有能な社員がいない、社長が信頼して仕事を任せる人間がいないということを意味しています。

【儲かる会社や経営者の特徴】

一方儲かる会社や経営者の特徴は下記のようなものがあります。

・決められた納期や約束事は必ず守る

融資や、取引先との納期、従業員との約束事などをしっかりと守れる社長は信頼も厚く、頼りにされます。

・決断力や行動力がある

経営者はさまざまなタイミングで会社にとって重大な決断を迫られます。運は一瞬にして逃げていきますので、この時に瞬時に判断ができる人、行動が起こせる人は経営者に向いています。

・誰にも負けない魅力がある

営業力、決断力、判断力、コミュニケーション能力、技術力など他人には絶対に負けない何かを持っている人は強いのです。

【まとめ】

儲かる経営者、儲からない経営者の違いは理解できたでしょうか?人と同じことをしていては決して成功はしません。他人には無い何かを持っている人、儲かる事ばかりを考えず与えることも惜しまない人は経営者として成功できる人ではないでしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る