経営競争でリードする為に~技術・差別化・価格~

経営競争でリードしていく為には、シンプルにいえば他社よりも良いモノを持つことが必要になる。経営競争でリードできれば、顧客との長期的な友好関係・新たな市場開拓・適切な原材料の見直しも可能となる。今回は、経営競争でリードする為に必要なことを見ていく。

■経営競争リード第一 ~独自技術~

第一に「経営競争でリード」を目指すのであれば、独自の技術=「他社では真似できない技術」を持つことが必要だ。経営競争でリードすることで、誰もしたくない「価格競争」を避けるビジネスを行うことが可能だ。

他では代替することができないモノ「技術」であればあるほど、競争でリードすることができる。だが、あえて独自技術のライセンスを認可することで、販売・開発だけではなく権利ビジネスとして、競争をリードするという方法もある。

技術的にリードする戦略は、最先端の技術や工業製品の競争で有効になる戦略で、企業の安定的な発展に貢献することができ、独自の技術を改良・発展させていくことで新たな需要を生みだし、市場開拓に繋げることが可能だ。

■経営競争リード第二 ~製品の差別化~

第二に「経営競争でリード」で大切なことは、他社製品との差別化だ。他社製品との差別化をしていくことで、競争でリードすることができ市場で大きな影響力がでてきます。

独自技術と異なる点としては、製品の「機能・性能」ではなく「デザイン・イメージ」でリードしていく点になる。

製品の差別化をしてくことは、新たな技術開発ができない場合や、技術的なモノが競争でリードに結びつかないケースで大きな意味がある。

例として分かりやすいのはファッション市場だ。なぜなら、消費者はファッション(洋服)を選ぶときに、技術的なモノよりもデザインやブランドを重視する傾向があるからだ。

この際にファッションというのは、技術的なモノよりもデザインやブランドといった差別化で、他社よりもリードしたことになる。上手くいけば長期的な良好な関係を顧客と築くことができるはずだ。

■経営競争リード第三 ~価格優位性~

競争市場において低価格=「競争でリード」することを意味する。同じ商品価値がある製品であれば、低価格の商品を購入する消費者が多くいるからだ。

機能・性能、デザイン・イメージの技術的・差別化が図られていない製品であれば、低価格でリードすることは大きな意味を持つことができる。

比較がしにくい製品というのは、低価格で圧倒的に優劣がつきやすいということである。価格でリードしていくには、コスト削減が一番簡単な方法だ。課題は、単純にコストを下げる為、原材料の見直しなど品質を損なうことなくすることだ。

だが、確かに低価格にすることは競争をリードしていく為、必要なことであるが、あまりにも無謀な判断をしてしまうと経営そのものが不安定になる。自社・他社などをしっかりと情報収集し、適切な経営戦略を策定することが必要である。

関連記事

ページ上部へ戻る