初心者でも安心! 株で利益を出す方法と配当金の計算方法

株は知識がないと稼ぐのが難しいというイメージを持っている人も多いでしょう。そこで初心者でも株で配当金を貰う方法や株の知識を少しお話ししましょう。

【配当金って】

配当金は会社が物を売ったりして得た利益の一部を株主に支払う事を言い配当金の金額は持っている株数と会社によって違います。例えば1株当たり10円の配当金がある場合1株保有していたら10円が貰え、100株保有している場合は1,000円の配当金が貰えます。このように持っている株数と配当金は比例しますので多く保有しているほど配当金は多くなります。現在日本の株の配当金の平均は2%前後と言われており年々増加しています。

【株式投資で得られるもの】

株をするとすぐに利益ばかり目がいきがちですがそれ以外にも株式投資をすることで得られるものはたくさんあります。まず初めに経済についてより知ろうと思う事から経済のニュースや経済について勉強をしたり新聞を読んだりするようになります。会社の株主になる事でその会社の業績や情報を少しでも知りたいと思うからです。そして、実際の利益としては値上がり益や、配当金、株主優待などがあります。これらについて更に詳しくみてみましょう。

【値上がり益と配当金、株主優待】

値上がり益とは株価が上がった時の利益です。株が安い時に買って高くなると売るという事で利益に繋がります。配当金は会社が業績に応じて株主にもうけを還元する事を言います。ですから当然業績が悪い企業は配当金がない場合もあります。配当金は年に1回もしくは2回あります。株主優待は会社が株主に対して感謝の気持ちを込めて贈るものでその会社のサービス券や優待券、商品券、施設の利用券など会社によって様々です。株を購入する時にはこのような優待券についてもどのような物があるのかしっかりと調べておく必要があります。株主優待は会社から株主へ貰えるものがお金ではなく物に変わっただけですので基本的には配当金と同じように考えてよいでしょう。

【配当金利益確定日】

株には銀行の預金のように保有期間などの条件はありません。配当金が貰える条件として権利確定日にその会社の株を保有している事が条件としてあります。ですからこの利益確定日に株を持っていて翌日に売っても構わないのです。たった1日その会社の株を保有しているだけで数%の配当金が貰えるのですから銀行の定期預金に比べかなりお得感が感じられます。

【まとめ】

株を持っているとその利益とは別に株主配当や、株主優待などを得る事ができます。また経済事情にも詳しくなる事で今まで知らなかった多くの情報を得る事ができそれはあなたにとって大きなメリットであることが言えます。このように株は金銭面だけではなくあなたの知識や情報量を増やす事にとても役立ちます。

関連記事

ページ上部へ戻る