経営者は社員と共に成長する目標が必要だ

経営者は常に様々な問題に対して悩んでいます。会社経営にリスクがつきものとは言え、やはり会社を成長させる為の目標が必要です。社員が一丸となって目標に当たれば言う事無しです。それでは、社員と共に成長するための経営者がかかげるべき目標について紹介しましょう。

目標設定の目指すもの

経営者だからと言って目標が簡単に達成できるものではありません。これは、社員に対しても言える事です。例えば、売り上げ目標を、実行可能な設定を設けても意味がありません。それでは、会社の成長が望めるとはとうてい思えないからです。ある程度ハードルを上げるからこそやるべき意味があるし、達成感の為に頑張ろうと言う共通の意識が持てるからです。

ただし、確固たる裏付けから導いた目標設定でなければならないのです。共有する意識として「頑張れば出来るのでは」や「もしかしたら達成するのでは」と期待感や可能性を残した目標でなければならないのです。

もう一つ言うなれば、経営者だけの目標ではないという事です。社員と共に目標を目指す事で、社員の成長につながります。その結果や過程から気づくのは反省だけでなく、改善しようとする「向上力」や足りない部分を補う「実行力」などが求められます。

果たすべき使命感

会社は売り上げによって利益を上げなければなりません。しかし、それだけでは足りないのです。経営者は社員に対して果たすべき役割や使命感を与える事で、目標設定に大きく前進する事が出来るのです。

1.目標を明確にする
・会社の売り上げ目標額を、具体的な数字で設定します。
・新規事業や今後のプロジェクトを黒字収支に挑みます。

2.目標を果たすべき使命
・目標額に対して、社員が達成すべきパーセンテージを設定します。
・黒字収支の為には、社員が行うべき役割を果たします。

会社全体での役割は当然必要ですが、与えられた使命に対して社員個人がそれに向かって突き進む役割を明確にする事で、達成する努力や方法が示せるのです。

社員のスキルアップを推し進める

目標達成の為には、個人レベルでの社員のスキルアップを推進する必要があります。必要とされる教育や研修によって、知識や経験が目標達成の為の原動力となるからです。

プロジェクトに対するプレゼン能力であったり、新しい技術であったり、目標の為の役割として、経営者は社員に対して目標を達成できる準備をする事です。社員に対するスキルアップやプレゼン能力はその準備に必要な過程なのです。

具体的な役割

【1.数値化で表す】
売り上げ目標を数値化する事で、個人個人の役割が見えてきます。

【2.数字から具体化する目標】
・プロジェクトの成功させる事
・プロジェクトを半年で達成させる事など

数字でははっきりした目標が目に見えて理解できます。数字から予測できる点として、好調な分野や、底上げが必要な分野など具体化する予測を立てる事です。

まとめ

経営者が社員と共に成長する為には、具体的な目標がなければなりません。ただし、社員に無理を押し付けるのではなく、目標達成の為に社員のへの明確な役割を与える事で、社員の成長にもつながり目標達成の可能性を押し上げる事が出来るのです。

関連記事

ページ上部へ戻る